SNSでシェア!

  • 1
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
    1
    シェア

努力の仕方

とりあえず他者貢献を目指せば人生が上手く行く理由

投稿日:2018年12月29日 更新日:

こんにちは、本名です。

今回は「とりあえず他者貢献を目指せば人生が上手く行く」という話をしていきます。

他者貢献とは「他人の役に立つこと」です。

 

他者貢献を目指せば人生が上手く行く理由は以下の2つです。

他者貢献を目的とすべき理由

1.ヒトが持つ主な欲求を満たすことができるから。

2.他人を心身ともに動かすことができるから。

 

今回の記事では、主に1.「ヒトが持つ主な欲求を満たすことができるから」について話していきます。2.「他人を心身ともに動かすことができるから」については以下の記事を参考にしてください。

https://syuyu.work/what-is-servant-leader-why-contribution-is-most-important

 

「マズローの欲求5段階説」で他者貢献を理解する

アブラハム・マズローという心理学の生みの親とも呼べる人物が提唱した「マズローの欲求5段階説」というものを紹介して、他者貢献のすばらしさをもう理解してもらいたいと思います。

マズローの欲求5段階説は人間の欲求を5段階に分けたもので、以下のピラミッド形の図で表されます。

基本的にはピラミッドの下の方に書いてある欲求が人間の基本的な欲求であり、下の階層から順にから満たされていくと考えてください。逆にピラミッドの下の階層の欲求が満たされなければ、上の階層の欲求が満たされることはほとんどありません。

 

1段目の「生理的欲求」とは、人が生きていくための基本的・本能的な欲求です。3大欲求である「食欲」「睡眠欲」「性欲」をイメージするとわかりやすいと思います。

 

そして「安全欲求」は、人が安全・安心・快適さを求めることです。住居を持ちたいと思うのは、危険を回避したい・安全を得たいという安全欲求の表れですし、お金を儲けたいというのも快適な生活を送りたいと思うからです。

 

次の「社会的欲求」は所属・愛の欲求ともいわれます。つまり何らかの集団に属して、仲間や友達、恋人を欲するようになるのです。学校や仕事場で友人を作ったりするのは、この欲求の表れでもあります。この欲求が満たされない場合、不安感や孤独感という現代人の健康の最大の敵を抱えることになります。

 

「承認欲求」は社会的欲求の次に生まれる欲求です。「他の人から認められて尊敬されたい」という欲求で、一度集団に属すると、その集団の中で注目を浴びたいと思うようになるのです。また、何らかの集団に属していなくても、「世の中で認められたい。注目を浴びて有名になりたい。」と思うことがあるかもしれませんが、その思いは承認欲求の表れでもあります。

 

最後に、承認欲求が満たされて他人から認められるようになると、「自分にしかないことをしたい」「自分しかできないことをして、世界に自分の名を残したい」「自分の能力や可能性を最大限発揮したい」「何か全く新しいことを創造したい」と思うようになります。これが「自己実現欲求」です。この自己実現欲求の段階にいる人は、自己の成長を常に考えて努力しており、自己の成長や自分だけのものを欲する心そのものが、自己実現欲求なのです。

 

他者貢献が重要な人生の価値観となりやすい理由は、他者貢献がこのマズローの欲求5段階のうちの3段階を満たすことができる行為だからです。

まず、他人から感謝をされると、感謝をしてきた人から認められた、という承認欲求が満たされます。さらに、他者に貢献するという行動はその他者と繋がりをもつという行為と同じですので、社会的欲求も満たすことができます。また、他者に貢献するという行為は自分にしかできないため、自己実現欲求も満たされます。

これが、他者貢献が多くの人の人生の価値観となりやすい理由なのです。

 

余談になりますが、一般には知られていない第6の欲求をマズローは晩年に提唱しました。「自己超越の欲求」というものです。この6段階目の欲求は、自分のためという概念を捨てて、他者を豊かにしたいと思う欲求です。他者貢献が人間にとって最も重要であることを、マズローも認めていたのです。

 

最も一般的な価値観は「他者貢献」

また、人々の最も一般的な価値観は、「他者貢献」だと言われています。

ミシガン州立大学が行った調査によると、人が幸福を感じやすい価値観は以下の4つであることが分かっています。(1)

人が幸福を感じやすい価値観

1.コントロール感:人生や状況をコントロールできるかどうか

2.多様性:仕事、生活、人間関係に多様性があること

3.適切な難易度:人生に適度な難易度があること

4.他者貢献:他者の役に立つこと

 

1.コントロール感

1.コントロール感とは、自分で自分の行動を決めている感覚です。「自律」という2文字でも表すことができます。コントロール感は以下の記事でも説明していますので、参考にしてください。

幸福とは何なのか?幸福になる具体的方法~やりがいを高める~

 

2.多様性

2.多様性とはその名前の通りに、色々な体験をすることです。自分の能力を発揮できるような体験をし、自らの人生を様々な角度から楽しむことです。以下の記事が参考になるはずです。

本当の意味での幸福はたった3つの要素で実現できる

 

3.適切な難易度

3.適切な難易度とは、「取り組む仕事や行動が難しすぎず、簡単すぎないこと」です。ゴルディロックスの仕事(原理)とも呼ばれるもので、心理学の世界では「適切な難易度が幸福感を高める」ということはかなり有名になっています。

また、適切な難易度は、集中力を極限まで高める「フロー体験」の条件の一つにもなっています。フロー体験の回数を増やすことも、自分の人生の幸福を高めてくれるものだということが明らかになっているので、以下の記事もぜひ参考にしてみてください。

集中力を極限まで高めてくれる「フロー体験」とは?

 

4.他者貢献

4.他者貢献はこの記事で紹介した「他人の役に立つこと」です。他者の役に立つことで私たちは何よりも幸福になることができるのです。そしてこの他者貢献こそが、人々が抱くに値する最も一般的な価値観だと言われているのです。

 

まとめ

他者貢献は人々が抱くに値する最も一般的な価値観であり、他者貢献を目指すことで自動的に、人が抱く欲求のほぼすべてを満たすことができるようになる。

 

参考文献

(1)

 

 

お問い合わせは以下から

以下の画像をクリック!

SNSでシェア!

  • 1
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
    1
    シェア

人気記事一覧

-努力の仕方

Copyright© 本名真言の希望ノート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.