心理学

サンクコストバイアスとは?バイアスを避ける対処法も紹介!

2018年6月12日

今回はサンクコストバイアスについて解説していきます。

 

サンクコストバイアスとは心理学の用語で、

私たちの意思決定に大きくかかわってくる重要な概念です。

 

今回は

サンクコストとは何なのか?

サンクコストバイアスとは何なのか?

について詳しく解説していきます。

 

将来の意思決定を失敗したくない人は、

ぜひこの記事を読んでみてください。

 

サンクコストとは?

サンクコストとはなんでしょうか?

サンクコストは日本語で訳すと「埋没費用」と呼ばれます。

 

Wikipediaによると、

埋没費用(まいぼつひよう、サンクコスト)とは、

事業や行為に投下した資金・労力のうち

事業や行為の撤退・縮小・中止をしても、

戻って来ない資金や労力のこと

と書かれています。

 

分かりにくいので簡単に言い換えると、サンクコストとは

もう二度と取り返せない、

これまでに費やした時間・労力・資金のこと

です。

 

サンクコストバイアスとは?

サンクコストの意味を理解したところで、

サンクコストバイアスについての説明に移ります。

 

サンクコストバイアスとは

もう使ってしまった

「既に何の意味もないもの」

によって意思決定がゆがまされること

です。

 

サンクコストバイアスの具体例

具体例を挙げてみましょう。

あなたは映画を見に来ました。

 

映画を見る前は予告編が素晴らしかったので、

かなり映画の内容に期待していました。

 

しかしいざ映画を見始めると、どうにもつまらないと感じてしまいます。

演出はなっていないし、全く映画の世界に没入することができません。

 

映画の結末も何となく理解できてしまいます。

それもとびきりつまらない結末が予想できてしまいます。

 

そんな時にお金を払って既に50分見続けているのだから、

「たとえ映像がダメダメでも、結末がダメダメでも映画を見続けよう」

と思ってしまい、結局映画を見続けてしまいました。

これがサンクコストバイアスの一例です。

 

冷静に考えれば、演出や映像がひどくて

結末が分かり切っている映画をみることにほぼ価値はなく、

映画を見る時間をほかの面白いことに使えばよいのですが、

 

「お金を払って既に50分見続けている」からこそ、

つまらない映画を見続けるという選択をしてしまうのです。

 

他に例を挙げてみると、ギャンブル・パチンコ・宝くじなどで

「既に3万円を使ったのだから3万円を取り戻さないと…」

と思いさらなるお金をギャンブルに使ってしまい、

結局3万円以上の損をしてしまう。

 

これらは全てサンクコストバイアスで、

意思決定がゆがんでしまっているのです。

 

このように

既に使ってしまった二度と戻ってこないものにこだわってしまい、

正しい意思決定を行うことができなくなってしまう

ことがサンクコストバイアスです。

 

サンクコストバイアスを避けるためには

サンクコストバイアスを避けるための最善の方法は、

「過去にこだわらないこと」です。

 

過去にこだわって、既に失ってしまったものに「こだわる」からこそ、

サンクコストバイアスによって

正しい意思決定ができなくなってしまうのです。

 

冷静に考えれば過去にこだわって、

「既に失ってしまったものにこだわる」ことには何の意味もありません。

 

過去にこだわることなく「今を生きる」という発想にこだわるべきなのです。

(このブログのメインコンセプトです(笑))

 

「今を生きる」

 

つまり

 

いま自分には何ができるか

過去の失敗から何が学べるのか

今何をすれば成長できるのか

少しでもチャレンジして前に進むためにはどうすればよいのか

を考える必要があります。

 

しかし多くの人が、サンクコストバイアスによって

そのような思考を持てなくなっているのです。

 

過去にこだわらずに、サンクコストバイアスで

意思決定をゆがまされないためには、

「今の自分をありのままに把握する」ことが重要です。

 

言い換えると、

「今自分がどのような感情を抱いていて、どのような状況にあるのか」

を冷静に把握するのです。

 

そうすることによって今の現状を把握できますし、

過去にとらわれない意思決定を行うことができるようになります。

 

「今自分にとって何が重要なのか」を常に把握して、

不必要だと判断したことは勇気を出して切り捨てるようにしてください。

 

サンクコストバイアスを避ける具体的方法

サンクコストバイアスを避けるためには、

今の自分をありのままに把握することが大事です。

 

そして今の自分をありのままに把握することは、

『マインドフルネス』とも呼ばれています。

 

サンクコストバイアスを避けたい方は、ぜひ

下の記事を読んで、マインドフルネスを実践してください。

マインドフルネスとは?仏教との関係性は?意味を分かりやすく解説!

 

また、マインドフルネスの実践として、

『エクスプレッシブ・ライティング』

『パワーブリージング』

などの方法があります。

 

また、下の本もおすすめです。

 

現代人が崩しがちな体の健康や、

心の健康にまで言及した本です。

 

「最近疲れてるな~」と思う方は、

今すぐ手に取ってみることをオススメします。

 

サンクコストバイアスについてのまとめ

・サンクコストとはもう二度と取り返せない

これまでに費やした時間・労力・資金のこと

詳しくはこちら

 

・サンクコストバイアスとは、もう使ってしまった

既に何の意味もないものによって意思決定がゆがむこと

詳しくはこちら

 

・サンクコストバイアスを避けるためには、

今の自分をありのままに把握すればいい

詳しくはこちら

 

・今の自分をありのままに把握するためには、

マインドフルネスを実践すればいい

詳しくはこちら

以上が今回の記事のまとめです。

 

 

皆さんがサンクコストバイアスを理解して、

正しい意思決定の助けになれば嬉しいです。

 

ではでは、しゅゆでした。

またご縁があればお会いしましょう。

 

ほかの『心理学』の記事はこちら!

 

サンクコストバイアスの参考文献

埋没費用ーwkipedia

 

 

お問い合わせは以下から

以下の画像をクリック!

-心理学
-,

Copyright© SYUYU OFFICIAL BLOG , 2020 All Rights Reserved.