心理学と医学で日々の生活を進化させるノート

本名真言の医学ノート

SNSでシェア!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

メンタルヘルス

自分の感情を把握するための「デス・ライティング」とは?

投稿日:2018年11月23日 更新日:

こんにちは本名です。

昨日の記事でAWAREテクニックについてお話しました。👇

https://syuyu.work/what-is-aware-technique

 

軽くAWAREテクニックについて復習しておくと、

AWAREテクニックの本質はネガティブな感情を受け入れることであり、

1.受容(Accept)

2.観察(Watch)

3.行動(Act)

4.反復(Repeat)

5.期待(Expect)

の5つのステップから成り立っていましたよね。

(詳しくは記事を確認してください。)

 

そして今日はステップ1の「受容」を鍛えるためのテクニックを紹介していきます。

 

「デス・ライティング(Death Writing)」というテクニックで、

イギリスのケント大学の心理学者が効果を確認したものです。

 

ただしこのテクニックの注意点として、大うつ病や不安障害などの重度のメンタル悪化に悩む人が使ってしまうと逆効果になる可能性があるので、その点だけは注意してください。

 

デス・ライティングのやり方

「デス・ライティング」のやり方は非常にシンプルです。

 

・1週間「死」についての文章を書く

 

これだけです。

 

「自分の人生が終わってしまうとしたら?」

「思ったよりも自分の命が短いとしたら?」

「今生きているこの瞬間が奇跡だとしたら?」

「もし自分が死んだら世界はどうなるのだろうか?」

など、何でもよいので「死」についての文章を書いてみましょう。

 

文章の内容や形式は本当に何でも構いません。

 

「やっぱりまだ死ねないと思った」

「過去の哲学者は死についてこのように語っていた」

「自分が死んだら、自分の葬式は○○みたいにしてほしい」

など、エッセイでも日記でも感情の記録でも、何でも構わないので

とにかく「死」について書いて見ましょう。

 

そして「死」について書くことを1週間毎日行えばこの「デス・ライティング」は完了です。

 

実験では、学生たちにこの「デス・ライティング」を行ってもらったところ、モチベーションや自尊心が上昇した上に、他人への思いやりや協調性がみられるようになったそうです。

全体的なストレスレベルも減少し、リラックスできるようになったことも示されています。

 

1週間、とにかく毎日10~15分だけでも「死」について考えてみてください。

きっと今生きていることの素晴らしさを実感でき、充実した日々を送ることができるようになります。

 

ただし冒頭でも述べたように、大うつ病や不安障害などの重度のメンタル悪化に悩む人が使ってしまうと、逆効果になる可能性があるので、その点だけは注意してください。

 

ではでは。

 

本名真言(ほんみょう・まこと)でした。

 

参考文献

超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド

お問い合わせは以下から

以下の画像をクリック!

SNSでシェア!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

ストレスや不安を抱えている人へ

人気記事一覧

-メンタルヘルス

Copyright© 本名真言の医学ノート , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.