SNSでシェア!

  • 1
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
    1
    シェア

読んだ本紹介

トレジャー 成功者からの贈り物

投稿日:

1.成功者との出会い

会社で成功の基礎を身に着けてきた人は、独立しても成功するよ。

成功には7段階ある

1.あきらめ:社会と関わることをあきらめている。引きこもり。

2.快楽:目の前の楽しいことだけをする刹那的な生き方。子供、遊び人。

3.社会適応:社会の中でルールに適応している。正しい大人。

4.自分軸:自分のやりたいことを軸に実現している。我が道を行く人。

5.バランス:自分と関係者とお金のバランスをとっている。

6.ビジョン:チームをビジョンに向けて動機付けを行える。社会貢献者や社会変革者。

7.ミッション:使命に気づき、偉大な存在としてそれを遂行している。

役立つことをすぐにメモする習慣は、3の社会適応以上の人に見られる。
みんなが満足できる第3の選択肢を考えることができるのは、5のバランスのステージの人。

・スマイルカード:スタッフの良いところを言葉ではなく、カードを利用して伝える

・デイリーフィードバック:仕事を終えるスタッフにお疲れ様の一言ではなく、その日その人が行っていたことを承認し、伝える。

・バースデーカード:スタッフの誕生日を把握し、メッセージカードをプレゼントする。それに加え、3月には辞める社員の卒業式を行う。

 

2.理想の人生って?

起業する前に会社で学ぶべきことは4つ

対課題:仕事ができるかどうか。段取りして実行するかどうか。

対他人:他人と上手にコミュニケーションをとれるかどうか。

対自分:自分の強みをしって、それを生かすということ。

ビジネスモデル:利益を出せるビジネスモデルを知っているかということ。

人は壁にぶつかって挫折すると、7つの段階のうちで、なじんだ段階まで下りていく。

成長のポイントは、繰り返しているパターンから抜け出すこと

やっぱり人を笑顔にするって気持ちいいなぁ

「あの西田さんというスタッフは笑顔が素敵ですね。気持ちよく食事ができたと伝えてあげてください。」

「人は思われている通りに行動するものだから、『あなたは笑顔が素敵ですね』と言われると、笑顔になってしまうんだよ。で、ある行動をとった直後にその行動をほめると、その行動をもっとするようになる。」

人をほめる時には3つのパターンがある

・あなたバージョン

・私バージョン

・私たちバージョン

あなたバージョンのほめ方は、もしかしたら喜んでもらえないかもしれないけど、私バージョン、私たちバージョンなら、「良い影響を与えた」とわかるので、喜んでもらえる。

「笑顔が素敵だし、こっちも笑顔になっちゃうよね。」

取引とメリット
取引は、行動の見返りを約束する。
メリットは、そうすればあなたにもメリットがあります。

おねだり
「…してくれたら嬉しいなぁ」
という形で、人に頼む

「また同じパターンじゃない?」

 

3.心のマネジメント

メンタルブロック:心のブレーキになっているもの。

○○であれば嬉しいです。

理解できなかったら、理解できないと伝えること。頭で理解できても心が受け入れていなければ、それを伝えること。「心が理解できない」場合も、ちゃんと言う。

問題解決には責任追及思考と、問題解決思考があるが、問題解決思考の方が多くの人を巻きこんで解決策を考えるので、うまくいきやすい。

「変えられないもの」ものにフォーカスしない。

困ったことが起きたら、「私は何を学ぶためにこの出来事を体験しているのだろうか?」と考えてみる。

全ての体験を選んでいるのは自分だ、という認識が育っていく。自分が意図しない出来事は起きない、という確信を抱くことができる。

自分が常に成長するために、最適な出来事が引き寄せられている。だから、困ったことなんてない。

 

人は3つの意識を持っている。

1.意識:思考であり、知覚し考えている自分のこと。

2.潜在意識:過去のデータが蓄えられている。主に危険や苦痛から守るために働いている。

3.神性意識:すべては一つであることを知っている意識。それを体験するために出来事を起こす。

この3つの意識のどれかで、人は出来事を選んでいる。

今まではバラバラにしか見えなかった中に、すべては一つであるという秘密を見つけて、自分のふるまいを選んだ時に、すべては一つであるという喜びを実感できるんだよ。それが生命のプロセスの中に隠された感動というものさ。

会社を辞める時には、自分の行動が後々どんな影響を与えるのかを考えて行動した方がいい。

心配と攻撃は違う。

自分が本当に強く望む夢にこそ壁は多くあらわれる。そして壁が多くあらわれたということは成長してその妨害を乗り越えろというサインなんだ。

認められたい、応援してもらいたい、などの「人にされたい」という欲求にフォーカスしていると、マイナス感情に振り回されることが多くなる。

自分で思いを認めないと、代わりに誰か他人に認めてほしくなる。「自分を認めたい」という思いを認めないと、「認められたい」になる。「役立ちたい」という思いを認めないと「感謝されたい」という思いになる。「自分を愛したい」という思いを認めないと、「愛されたい」になる。

「君のことを大切に思っていなかったら、反対なんてしないよ、無関心さ。」

成功するということは成功する自分になるということだ。だから方法よりも考え方の方がずっと大事だし、考え方よりもあり方の方がずっと大事なんだよ。

本当に成功を邪魔するのは、何かの条件ではない。試す前から難しいと決めつける「諦め思考」が成功の邪魔をする。

まずは聞いてみる。交渉力よりも交渉しようという気概の方が大事。

成功する人は自分で変えられると思う範囲が広い。他の人が変えられないと思っている範囲のことも、成功者はもしかしたら変えられるかもしれないという目で見ている。それが成功者の目なんだよ。

成功する人は何度か試みる。三国志の三顧の礼のように、何度か試みる。

「試練よ!来るならもっと来い!伝説を作ってやる!」

サービスの質を高めたかったら、小さい「我慢」を一つ一つ、とことんつぶしていくこと。お客さんが我慢しなければならないことを、一つ一つつぶしていくこと。(でも、価値のある不満は放っておいていい。)

基本のサービスをまず徹底し、それから「我慢」をつぶしていく。そのうえでさらに、サプライズを行う。感謝してもらえるような、サプライズを行うために、「耳配り」と「目配り」と「心配り」を徹底する。

「耳配り」と「目配り」と「心配り」には、マニュアルを用意しなくてもいい。自分でやっていい、ということにしないと、真の達成はできない。

お客は選ぶ。店の雰囲気はお客が作っているから。お客を5段階で格付けする。

営業がうまくできるかどうかは、準備にかかっている。

「話を聞いてもらえないと愛されていないって勘違いしていた」

「思考とは最も遅い創造の方法だった」

ビジネスはスポーツと一緒で、やればやるほどうまくなっていく。ビジネスもやっていくと、お金のかけどころが分かってくる。

成功する前に応援してくれた人たちのことは決して忘れてはいけない。

お金はビジネスの血液だよ。最初から血液不足になるような計画はまずいね。

開業資金と運転資金は別に考えないと。

 

4.感動させるサービス

「ふんふん。価値観が違うってのは離婚のポピュラーな原因だからね。そこに何かとうるさいご近所さんが引っ越して来たらストレスも増える。」

体の異変は問題に気が付いて成長しなさい、と言うサインだ。

君は本当の自分が何者かを知っていて、本当の自分を体験するために出来事を起こすんだ。

怒りはパワーになる。けど、怒りは2つのものを壊してしまう。人間関係と自分の体を、壊してしまう。

ビジネスの追求段階

1.準備段階

2.利益追求

3.テクニック追求

4.お客様の喜び追求:利益を得るには、テクニックや理論も大切だが、それはお客様に役立ち、お客さまを喜ばせ、リピートしてもらうために使うものであり、利益はその結果だ。スタッフのしつけと教育を徹底する。問題点を出し、改善していく。

5.スタッフの喜び追求:もっと大切なのは、スタッフが喜びを感じながら働くことだ。スタッフにはお客様を喜ばせる喜びを教え、お客様の喜びがスタッフに伝わる喜びを作る。スタッフの個性を発揮させ、生き生きと輝かせる。

6.自分の幸せ追求:さらに大事なことは、中心にいる自分自身が、幸せを追求し、喜んで働くことだ。自分の人間的成長とビジネスの成功がリンクする。仕事と同じくらい家庭を大切にする。スタッフと同じくらい家族と過ごす時間を大切にする。

以上の6つは全て両立できる。両立できないと思ってしまうから、下の方の段階にとどまってしまう。

対立することと、向き合うことは違う。対立することは、お互いが正しさを主張しあい、自分の価値観が正しいことを譲らないこと。けど、向き合うことは、共通のビジョンを見ること。目的地を見ること。そうすれば、価値観の違いは全然気にならなくなる。

価格を下げるのではなく、質を上げてお客様を喜ばせること。

お客とスタッフのどちらの方が大事なんだ?
もちろんスタッフです。

ふさわしくない客を帰せば帰すほど、店の雰囲気は良くなり、スタッフの信頼を得ることができた。

ストレートな愛情表現をする。
そんな君が大好きだよ、と伝える。

クレームやセクハラを入れてくる客に対して、戦いではなく笑いに変える

関わる人すべてに「喜び」と「感動」を提供すること。

常連のお客様が『わ』の何を愛してくれていたのかという、最も大切なものを見過ごしていた。成功した要因に気が付かずに、わざわざ成功の土台を自分で崩してしまった。

アルバイトに、店員に、ちゃんと理念を見せる。一緒に作る。

「すべての夢を叶えることが、自分の幸せを追求することになるわけではない。」

 

5.成功者がくれた宝物

何を学ぶためにこの出来事を経験している?

感謝したいことを伝える

言ってもらいたいことを、リクエストをつけて

 

参考文献

この記事は以下の書籍から役立つ内容を抜粋したものです。

TREASUREトレジャー

 

お問い合わせは以下から

以下の画像をクリック!

SNSでシェア!

  • 1
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
    1
    シェア

人気記事一覧

-読んだ本紹介

Copyright© 本名真言の希望ノート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.