人間関係のコツ 読んだ本紹介

男女の違いを理解するために~ベスト・パートナーになるために~

投稿日:2019年5月23日 更新日:

愛する人ほど、自分と同じだと思ってしまうもの。

けど、本当は二人は全く違うんです。

そのことが理解できなければ、二人の関係はうまく続かないことになってしまいます。

 

頭ではわかっているけれど、なかなか実感できない。

そんな男女の違いを理解したい人には、この本がオススメです。

 

 

この本は、「ベストパートナーになりたい…」と思っている恋人・親友がいる人すべてにオススメできる本です。

結論

男は火星から、女は金星からやってきたことを思い出すことができれば、すべての問題が氷解する。

 

本の要旨

第1章:男と女は違う星からやってきた。(男は受容を女は共感を求めている)

恋愛感情によって、男は利己的な鎖から解き放てられて、他人のために自由に行動する力を与えてくれる。

男性にとって人生の充実感を味わう一番の方法が、他人に何かをしてあげること。

男性にとって自分が必要とされていないことは、ゆっくりとしたペースで死んでいくようなもの。

女性は、自分が決して孤独な存在ではないことを確信する必要がある。誰かから、愛され、大切に扱われているという実感を持ちたいのである。同情、理解、慰め、自分の行動は正しいということを教えてほしい。

女性は、自分が他人から愛される価値がある人間だと心底思えたときに、女性は男性からの愛情を招き入れる扉を解放したことになる。

女性が「受け入れる」ことに憶病になるように、男性は「与える」ことに憶病になる。
(実際、今の僕がそうなっている!)

女性は「拒絶」が、男性は「挫折」が怖い

男性は精神的に不安定な状態になると、自分以外のものに全く関心を持たなくなる。

彼は、彼女のヒーローでいたいのだ。だからこそ、彼女が失望したり落ち込んでいたりすると、自分の失敗と感じてしまう。

 

第2章:「男は単純で、女は複雑」は本当かー男は「調停屋」に、女は「教育委員長」になりたがる

自主独立こそが男のシンボル(まあ、一人では何もできないんだけど)

男性が問題を打ち明ける時は解決策を求め、女性が問題を打ち明ける時には共感と正しいことを示す、ことを求めている。

女性は、男性が自分を必要としている、と強く思っている。けど、男性からすれば、余計なお節介はいらない。

男のここを、女は「包容力」と呼ぶ
ー相手の話をちゃんと聞いてあげて「君の気持ちはわかっているよ。こっちにおいで。」みたいなの。

 

3章:男は分析して満足する、女は話してすっきりする。

男には「君のことを信じているよ」
女には「君の気持ちはわかっているよ」
と言う

女性の温かくて情熱のこもった気持ちは、往々にして一回転してすねた気持ちになってしまう。

 

4章:相手の気持ちを上手に翻訳していますか?

女性の言葉と、男性の解釈が全然違う。女性が使うドラマチックな言い回しを、決してそのままに受け取ってはいけない。
(この章に書いてある辞書は、ちゃんと役に立つので、読む)

女性が男性がデリケートになって自分の穴に閉じこもっている時に、勘違いしてそれをぶち壊してしまうと、男性の穴の中に住んでいる竜が出てきて、女性を焼き殺してしまう。

自立心のある女性は、愛され上手

 

5章:男の恋愛観、女の結婚観

女性は男性から何かをされると、それを大小関わらず、1点とカウントする

できるだけ小さなことを、たくさんやってあげること。

”繊細な気配り”は”リッチな生活”よりも女性を幸せにする。

そのための、男性が女性にできる「98のアプローチリスト」が書いてある。

「ありがと」と軽く一言いうだけで、男性は意外とその気になる。

男女のすれ違い

1.男性は公明正大(公平)を理想だと考える

2.女性は”無条件の愛”を理想だと考える

3.男性は求められたときに、初めて手を差し伸べる

4.女性はたとえ不服な点があっても”OK”と答える

5.執念深いのは男の方?!

 

6章:男に自信をつける”女の一言、会話の仕方”

女性は手始めに、待つ、のをやめる。

1.タイミングを選ぶこと(彼がやろうとしていることに対して、口をださない)
2.命令するような態度・口調で頼まない(当然のこと、のように要求しない)
3.要件は短く。説明が長いほど、抵抗感が増す
4、そして分かりやすく。変に回りくどい言い方はしない。

「してほしい」とちゃんと言う。頼みごとのように、「できる?」「してくれる?」のように言わない。

相手が「NO」と答えても全く構わない、というような雰囲気と選択肢を作っておく(マーケティングみたい)

「NO」と言われることを心から認めて、相手のことを理解してあげるようにすること。

感謝されると、男は驚くほど素直になれる。

要求や依頼をした後は、しばらくの間必ず沈黙を守ること
(相手の心の中の葛藤の時間を待つ。)

 

7章:”二人の愛”をさらに深める心理法則

愛は唐突に、”うとましさ”に変わってしまうことがある。
(216ページの12のリストを見て、確認する。)

恋愛とは、裸の自分と向き合うことだから。お互いに、自分自身と向き合う旅を定期的に確保しないといけない。

人の心理には「90対10の法則」が働いている
(感情の原因の90パーセントは自分の未解決な過去の経験にあり、10パーセントが現在の経験にある)

パートナーとの関係は、「美しい庭園」のようなもの。育てていくためには、絶えず思いやりや愛情などの手入れが必要。
ただし、春夏秋冬の季節に合わせた対応をしないといけない。>>なぜ春は来ない?

男と女が基本的に”異星人同士”であることを思い出すことができれば、厳しい冬の季節に備えることができるし、自分の内面を発見して、よりよい二人の関係性を築くことができるようになる。

 

参考

>>ベストパートナーになるために

お問い合わせは以下から

以下の画像をクリック!

人気記事一覧

-人間関係のコツ, 読んだ本紹介

Copyright© へんてこパーク , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.