心理学 メンタルヘルス

【マインドフルネス】グーグルが実践する『慈悲のプラクティス』とは?

2018年7月29日

マインドフルネスとは『客観的な自己観察』をしている状態を指す言葉です。

(マインドフルネスってなに?という方はこちら!)

 

今回は『慈悲のプラクティス』というグーグルが実践する瞑想方法を紹介します。

ぜひ皆さんもこの記事を見てグーグルと同じ瞑想を実践してみて下さい<(_ _)>

 

マインドフルネスをグーグルが導入している?

今回紹介する『慈悲のプラクティス』と呼ばれる瞑想方法は、グーグルが社員研修で実践しているものです。

その理由は、この瞑想方法の効果がアメリカのノースカロライナ大学の研究によって科学的に証明されたからです。

 

具体的な効果として、

・ポジティブな感情が大幅にアップ

・気分が沈むことがなくなった

・頭痛が減った(かも)

という報告がなされています。

 

『慈悲のプラクティス』はもともと原始仏教の世界などで使われている瞑想法の一つでしたが、

科学的な効果の証明がされたため、最強の企業の一つであるグーグルが実践しているのですね。

 

グーグルが導入するマインドフルネスの実践方法

では実際に『慈悲のプラクティス』のやり方を見てみましょう。

静かな部屋で、自分が集中できる環境で以下のフレーズを繰り返してください。

慈悲のプラクティス

 

私が幸せでありますように

私の悩み苦しみがなくなりますように

私の願い事がかなえられますように

私が「あるがまま」に物事をみられますように

 

私の親しい人々が幸せでありますように

私の親しい人々の悩み苦しみがなくなりますように

私の親しい人々の願い事がかなえられますように

私の親しい人々も「あるがまま」に物事をみられますように

 

生きとし生けるものが幸せでありますように

生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように

生きとし生けるものの願い事がかなえられますように

生きとし生けるものも「あるがまま」に物事をみられますように

 

私の嫌いな人々も幸せでありますように

私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように

私の嫌いな人々の願い事がかなえられますように

私の嫌いな人々も「あるがまま」に物事をみられますように

 

私を嫌っている人々も幸せでありますように

私を嫌っている人々の悩み苦しみがなくなりますように

私を嫌っている人々の願い事がかなえられますように

私を嫌っている人々が「あるがまま」に物事をみられますように

 

一日のプラクティスは10~15分で十分です。

 

実際にこの慈悲のプラクティスをやってみるとわかりますが、なかなか集中力がつづきません。

途中で余計なことを考えてしまうことが多いと思います。

 

しかし、重要なのは淡々とフレーズを言うことです。

集中がとぎれてでも、とにかくフレーズを言うことを意識してください。

 

グーグルが導入するマインドフルネス方法が効く理由

この『慈悲のプラクティス』が有効である理由は、この瞑想が親切の一種だからです。

 

他人に親切なことをしたり、人助けをしたりすると、

私たちの脳内には神経伝達物質であるドーパミンが分泌されます。

 

このドーパミンは私たちのモチベーションをあげてくれるホルモンです。

人助けをして得られる「誰かの役にたてた!」という快感によって、ドーパミンが分泌され、

やる気が出た結果としてストレスに強くなり、メンタル改善効果があるとされているのです。

 

グーグル版マインドフルネス瞑想

ここまで『慈悲のプラクティス』を紹介してきましたが、

実はGoogleでの『慈悲のプラクティス』私が紹介したものとは異なります(申し訳ありません<(_ _)>)

 

というわけで、グーグル版マインドフルネス瞑想を紹介しておきます。

Googleで社員研修に使われる「慈悲のプラクティス」

 

1. 自分が今日出会った人のなかで、楽しい会話をした人を思い浮かべる。

誰にも会っていないのなら、過去にさかのぼって思い浮かべる。

 

2. その人を思い描きつつ、次の言葉を言う。

「この人は、心と体を持っています。わたしと同じです。気持ちや感情、考えもあります。わたしと同じです」

「悲しんだり、がっかりしたり、怒ったり、混乱したりすることがあります。わたしと同じです」

「人生で肉体的、心理的な苦しみを経験しています。わたしと同じです」

「人生で喜び、幸せ、愛を経験しています。わたしと同じです」

「この人は、幸せになりたいと思っています。わたしと同じです。この人が幸せでありますように」

 

3. 目を開ける。

このように少しコンパクトにして「慈悲のプラクティス」を行っているようですね。

 

グーグルが実践するマインドフルネス瞑想のまとめ

・『慈悲のプラクティス』と呼ばれる瞑想をグーグルが導入している(詳しくはこちら

・『慈悲のプラクティス』は「親切をする」からこそ効果がある(詳しくはこちら

・グーグルは少し短くした『慈悲のプラクティス』を実践している(詳しくはこちら

これが今回の記事のまとめです。

皆さんもぜひ『慈悲のプラクティス』を行ってみてくださいね。

 

ではでは、しゅゆでした。

この記事が少しでも多くの方の役に立てることを祈っています。

 

ほかのメンタルヘルスの記事はこちら!

 

補足1:マインドフルネスってなに?

マインドフルネスとは「自分の感情や身体状況を客観的に把握すること」です。

 

近年注目が集まっている考え方で、

マインドフルネスにはメンタル改善効果免疫力アップ効果があることが知られています。

 

詳しくは以下の記事をご覧ください。

マインドフルネスとは?仏教との関係性は?意味を分かりやすく解説!

 

参考文献

 

グーグル社員5万人の「10人に1人」が実践する最先端の瞑想プラクティス

 

勇気を貰えるメールをお届けします!

お問い合わせは以下から

以下の画像をクリック!

-心理学, メンタルヘルス

Copyright© なう らいふ , 2019 All Rights Reserved.