勉強方法

集中できないときの対処法7選

2018年4月2日

いざ勉強しようと思って、机に座ったのに勉強できない…

そんなときの対処法を、私の経験からまとめてみました。

 

これでも国立医学部に現役合格しているので、

ある程度は参考になると思います。

(私のプロフィールはこちらから)

 

集中できないときの対処法7選

集中できない時の対処法を紹介します。

対処法というかコツみたいなものなのですが、参考になれば幸いです。

 

集中できないときは、歌詞の入っていない音楽を聴く

人が視覚と聴覚どちらから入ってくる情報を優先しているか、知っていますか?

実は聴覚からはいってくる情報を優先しているのです。

 

歌詞が入った音楽を聞いていると、勉強した内容が頭になかなか入ってきません。

結果、集中できないということになってしまいます…

 

音楽を聞くときは、歌詞が入っていないクラシックなどを聞くようにしましょう。

 

(補足)

EDMとかインストルメンタルとかでも全然よいです。

大事なのは自分が気にいっている音楽を聴くことです。

 

集中できない時は、音楽を流したままにしない

一度集中できたら、音楽を聞かずに勉強してみましょう。

音楽をきかずに勉強することが最も効率の良い勉強方法です。

 

耳から勉強と関係がない情報が入ってしまうと、

どうしても集中力を奪うことがあるからです。

 

また、音楽を聞くことをやめて、音読をすると、

話す・聞くの二つの行動をすることができるため、

覚えやすくなります。

 

お勧めは、音楽プレーヤーの設定で、

リピートしないようにすることです。

 

リピートしない設定で勉強すると、

気が付いたら音楽が流れていないため、

自然と集中できますよ。

 

集中できないのは『睡眠不足』のせい?

睡眠は脳の活性化に非常に重要です。

睡眠時間は、必ず6時間以上をとるようにしてください。

 

睡眠時間が6時間を切ると「眠い」と感じてしまいますので、

7時間は寝るようにしましょう。

 

もちろん睡眠時間には、個人差があるので、

7時間前後で自分に適した睡眠時間を探してみてください。

 

また仮眠をとることは非常に重要です

 

15分机に突っ伏して仮眠するだけで、

かなり集中できるようになります。

 

仮眠をとるときのポイントは、

・横になって寝ないこと

・15~20分だけ寝ること

です。

 

ベットなどで横になってで寝てしまうと途中で起きることができずに、

睡眠を多くとりすぎて逆に頭が回らなくなってしまうので、

注意してください。

 

仮眠時間としては、15分くらいにしてください。

経験として、30分寝てしまうと逆に眠くなります。

 

ちゃんと睡眠時間を確保しているのに、眠い…

という方は、以下の記事を参考にしてみてください。

受験期に睡眠の質を上げるためにはどうすればいいのか?

 

集中できない原因を作るものは、机の上に置かない

スマホを机の上に置いておいておくと、

通知が来た時などについつい触ってしまいますよね。

 

そのままネットサーフィンをしてしまったりするので、

携帯は机の上に置かず、ズボンにも入れずに

鞄に入れて勉強するようにしましょう。

 

また、自宅に勉強机があるのならば、

机の上をできるだけきれいにして、

勉強と関係ないものは視界にはいらないようにしましょう。

 

この少しの工夫をするだけで、格段に集中しやすくなりますよ。

 

集中できないときは、とりあえず筆記用具をもつ

とりあえず筆記用具を持つ

という行動は意外と効果を発揮します。

 

とりあえず筆記用具をもって、

書くことを意識して勉強していると、

いつの間にか集中できていた。

という経験が私もよくありました。

 

勉強するときは、とりあえず筆記用具を持ってみましょう。

 

この行動の詳しい意味については、以下の記事を参考にしてみて下さい。

【勉強方法】『一貫性の原理』で勉強に集中しよう!『最初の五分』を大切に。

 

集中できないときは、周囲の環境を変えてみる

自宅で勉強できないなら、

図書館に行ったり、

カフェに行ったりして

環境を変えて勉強してみましょう。

 

周りが勉強している環境なら、自然と勉強がはかどります。

 

ちなみに『鏡を置く』だけで、

自然と集中することができるようになる

とも言われています。

詳しくは以下の記事を見てください。

鏡を机に置くだけで集中力が高まり長時間作業できるようになる

 

集中できないのは『リズム』のせい?

ずっと集中できたらいいですが、

人間の脳はずっと集中できるようには作られていません。

 

45~50分勉強して、10~15分休憩する

という行動を意識してやってみましょう。

 

この時間を区切った集中力の維持方法は、

詳しくは以下の記事を見てください。

集中力を高める時間管理術~ポモドーロ・テクニック~

 

集中できないときの対処法のまとめ

1.歌詞の入っていない音楽を聴く

2.音楽を流したままにしない

3.睡眠をしっかりと確保する

4.集中を妨げるものを視界に入れない

5.とにかく筆記用具を持って書いてみる

6.周囲の環境をガラッと変えてみる

7.集中できるリズムを把握する

 

以上、集中できない時の対処法をまとめてみました。

この記事が少しでも多くの方のお役に立てることを祈っています。

 

ほかの『勉強方法』の記事はこちら!

 

勇気を貰えるメールをお届けします!

お問い合わせは以下から

以下の画像をクリック!

-勉強方法

Copyright© なう らいふ , 2019 All Rights Reserved.