働き方・生き方

人生は挑戦。狭い世界から脱出しよう。

投稿日:

「生きている世界が狭い」

最近の僕が意識している言葉です。

 

私たちは基本的に、いつも同じメンバーと一緒に、同じ場所で暮らしています。

医者なら医者同士でつるんでいますし、学生なら学生同士でつるんでいます。

起業家は起業家同士で、お金持ちはお金持ち同士でつるんでいます。

 

つまり、私たちは「似たような人としか一緒にいない」ということです。

確かに、似たような人と一緒にいることは安心できますし、仲のよい友達になることができます。

>>友達はいらないから仲間を作れ!~君に友だちはいらない~

 

でも、「似たような人と一緒にいる」というのは単なる安定なんです。挑戦をしない、安定なんです。

そしてこの時代は「挑戦をしない人はどんどん落ちぶれていく」という法則があります。

安定を求めてはいけません。安定を求めることは、この時代では衰退につながっていくからです。

 

だからこそ、自分が普段いる場所から飛び出して、挑戦をしていく必要があります。

快適な普段の空間から飛び出して、どれほど挑戦して生きることができるのか。

快適な空間から飛び出して、自分とは違う多様な人々とどれだけ付き合っているのか。

これがこれからの時代に大事になってくることです。

 

同じだけの人ってつまらないじゃないですか。

同じ趣味を持っているだけ。同じ仕事をしているだけ。同じ場所に住んでいるだけ。

そんな「同じ」だけのつながりからは、新しいものは生まれません。

今まで全くなかったような考えや人がやってくるからこそ、面白いものができあがるのです。

 

今回は「生きている世界が狭い」と僕が思い始めた経験を書いていきます。

この記事が、皆さんの挑戦を少しでも後押しできたら幸いです。

 

今回の結論

生きている世界が、狭すぎる!

 

中国行ってみた

今年のゴールデンウイークに中国に行ってきました。

>>【中国最高!】中国の大連に留学に行った感想と注意点

 

中国に行ってみて思ったことは、あれ?中国の人めっちゃ優しいし、日本人差別されないし、中国過ごしやすいじゃん」ってことでした。

 

中国に行く前は、「中国か~、なんか嫌な話をニュースとかで聞くけど大丈夫かな~」と思っていました。

けど実際に現地で8日間過ごしてみて、「中国最高!」に思考が変わっていきました。

人はやさしいし、タピオカ屋さんが多いし、火鍋美味しいし…

とにかく「空気が汚い」という点以外は良いところばっかりだったのです。

 

中国に行く前は、中国に対して悪いイメージを持っていた

中国行ったら「中国過ごしやすい!」に変わった

 

これが「住んでいる世界が狭い」ってことだと思います。

 

私たちは、自分では意識していなくても、他の人から教わることを鵜呑みにしてしまいます。

周りの人から聞いた噂話とか、ニュースなどのメディアが言っていることをそのまま受け取ってしまうんです。

結果として本当は素晴らしいものでも、体験しようとしなくなってしまう。

 

これが「住んでいる世界が狭い」という一つの典型例だと思います。

 

変人が集まるフェスに行ってみた

今年の3月に変人が集まるフェスに行ってみました。

>>【変人】が集まる医療学生フェスに行ってみたよ!

 

そこで出会った人は本当に多種多様でした。

起業をしていたり、ミュージカル病院を建てようとしていたり、海外にインターンに行っていたり。

とにかく僕が知らないような生き方をしている人が沢山いました。

 

僕が知らないような生き方をして、僕が知らないような考え方をしている。

そんな「変人」と沢山触れ合うことができました。

 

そして思ったんです。

「なんで今までこんな面白い人たちのことを知らなかったんだろう?」と。

 

そして考えました。

「僕が似たような人としか一緒に付き合っていないから、面白い人と出会わないんだ」と。

 

私たちはいつも同じような生活リズムをしています。

毎日同じ時間に起きて、毎日同じ時間のバスと電車を使って職場や学校に行き、同じ同僚やクラスメイトと過ごす。

そんな毎日の、変わらない生活リズムの中で生きているのです。

 

でも、少し寝坊をしたりすると、ガラッと景色が変わります。

普段のっている電車の10分後の電車に乗るだけで、周りの人の顔が全く違います。

人が全然いないこともあるでしょう。

 

旅に出かけたりすると、全く違う世界が待っています。

全く知らない土地、空気、人。

今まで自分が触れ合ってこなかったような考え方を知ることができるのです。

 

そして、これも一つの「住んでいる世界が狭い」ということなんだと思います。

毎日の生活リズムを少しずらしたり、普段過ごしている場所から旅だったりしてみると、全然違う景色が待っている。

 

でも、心地よい慣れた生活から抜け出したくない。

だから自分が知っている以外の考えがあることに気が付かない。

これが人なんだと思います。

 

まとめ

今回のまとめ

 

普段生きている世界は狭すぎる。勇気を出して飛び出さないと、新しい考えに触れることができない。

だからこそ、勇気を出して自分が生きている世界を広げてみる。

 

なんだかよくわからない記事だったと思いますが、伝えたかったことは「まだまだ知らないことが沢山世界にはある」ということです。

ぜひ好奇心と勇気をもって、あなたのコンフォートゾーンから飛び出してみてください。

 

挑戦を促すおすすめ本

ここまで勇気を出して挑戦することの重要性を話してきましたが、自分の思考や行動を変えるのはやはり難しいことです。

そんなときは、本の力を使ってみましょう。


 

メンタリストDaigoの「ポジティブ・チェンジ」です。

無理せず、自分をポジティブに変える方法が書いてあります。

 

・少しづつ自分を変えていきたい

・今よりも挑戦できるようになりたい

・単純にポジティブに生きたい

そんなことを思っている人は、ぜひ手に取ってみてくださいね。

 

ではでは、この記事が皆さんのお役に立つことを祈っています。

またお会いしましょう。

 

参考

ポジティブ・チェンジ

お問い合わせは以下から

以下の画像をクリック!

人気記事一覧

-働き方・生き方

Copyright© へんてこパーク , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.