働き方・生き方

【人生】失敗が怖いときのおすすめの考え方を5つ紹介!

2019年9月13日

失敗で落ち込んだときはどうしたらいいのか?

・失敗が怖くて行動できない

・失敗が怖くてしようと思ったことができない

・失敗が怖くて行動自体を無駄だと思ってしまう

など、「失敗が怖い」時は絶対にありますよね。

 

今回は失敗が怖いときのおススメの考え方を紹介します。

 

失敗が怖いときの対処法:前置き

まず、『失敗ってないと思ってる』とさらっという人が多いです。

『失敗なんてないよ!』という人の話を聞いていると、

確かに失敗なんてないのかもしれない…

失敗とか単なる言い訳に過ぎなくて、怖がって行動できていないだけなのかもしれない…

とか、そんなことを思ってしまいます。

 

でも私のようなチキンは、『失敗なんてない』という考えは極端なポジティブ思考だと思います。

まずは、『失敗はある』ということを認めることから始めましょう。

(マインドフルネスの考え方です。詳しくはこちら

 

失敗が怖いときの対処法:その1『やっぱ失敗ってあるんだな~』

失敗ってやっぱりあると思うんですよ。

借金を背負ったり、命の危険にさらされたり、誰かと喧嘩したり、大切な人に迷惑をかけたり。

そんなことを失敗と思えないような人は、人間やめてると思います。

 

『失敗なんてない』という人はきっと単なる自己中だし、

自分の命の危機や他人に迷惑をかけることに極端に鈍感な人だと思います。

 

例えば学生の私が、学校の定期試験に落ちて、その結果留年したとします。

それを「いや、失敗じゃないから」とさらっと言えるのかどうか?

 

私は無理ですね。

だって親に学費で迷惑をかけてしまいますし、周囲の友人と離れてしまうのは寂しいですし。

 

『失敗なんてない』とさらっという人は強靭なポジティブ思考の持ち主だし、

究極の自己中なんだと思います。

 

自分の行動の結果は自分でとらないといけない。けど、その結果を全て『失敗でない』と言って流す。

そんな人間に私はなりたくないですし、そんな人ともお付き合いをしたくないです。

 

あくまでも大事なのは、行動の結果を冷静に分析して、失敗もちゃんと受け止めることです

 

失敗が怖いときの対処法:その2『失敗って案外怖くない?』

『やっぱ失敗ってあるんだな~』と思った後は、実際に失敗したときのリスクを書き出してみましょう。

例えば、

・これまでの行動が無駄になるかもしれない

・貯金を失うかも

・食べていけなくなるかもしれない

など、こんなことをとにかく書き出してみましょう。

 

書き出した後は、書き出した内容についてよく考えてみてください。

ちゃんと考えてみると、ほぼすべての失敗が自分の思い込みで生じていることに気が付くはずです

 

・これまでの行動が無駄になるかもしれない>>人生では何が将来のためになるか分からないよね。(詳しくはこちら

・貯金を失うかも>>貯金を失っても、またお金が入ってくるはず。

・食べていけなくなるかもしれない>>この日本で食べていけなくなる、ということは絶対にないわ。

など、意外と怖いと思っていた失敗が、

ちゃんと考えてみれば『それほど怖いことではない』ことに気が付くはずです。

 

失敗が怖いときの対処法:その3『再起不能の失敗をしなければいい』

ただ、いくつかの失敗の中には『再起不能になってしまう失敗』があります。

例えば、

・借金一億円!(この場合は自己破算するのが一番良い対処法です)

・死んでしまう…(自分の命だけは取り返しがつきません)

など、『再起不能』になってしまう失敗が世の中にはあります。

大事なのは『再起不能の失敗だけを避けること』です。

 

この世の中で、ほとんどのことは取り返しがつくことです。

なので、ちゃんと考えた上で『再起不能の失敗をしなければいい』と思うことができれば、

どんどん行動できるようになるはずです。

 

失敗が怖いときの対処法:その4『失敗しただけ。間違いじゃない。』

最後はオススメの発想を紹介します。

『失敗するだけだ。間違いじゃない。』

この発想をすれば、一番失敗が怖くなくなると思います。

 

自分の行動の結果で失敗してしまうことはある。けどそれは、行動した自分が間違っているわけではない。

こんな発想をすることができれば、充実した人生を生きれると思うんですよね。

『失敗=間違い』って考えは辛いじゃないですか。自分をどうしようもなく責めてしまう考え方ですから。

 

自分を責めることなく、でも行動の結果に責任はとる。

これが本当のポジティブ思考だと思いますし、自立した人間の在り方だと思います。

 

失敗が怖いときの対処法:その5『やってくるもの』を常に楽しむ。

自分のもとに『やってくるもの』を常に受け入れて、楽しむ。

こんな考えができたら理想だな~、って思います。

 

行動しないと人生は変わらない。

でも行動の結果は自分がとらないといけない。

だから怖くて行動できない。

 

そんなときに無理やり『失敗なんてないんだ!』と思うのは不可能です。

 

ならこう思えばいい。

『どんな結果がやってこようと楽しもう。だって私は、間違ってなんかいないんだから。』

 

失敗を恐れてしまうのは仕方のないこと。

でも、間違っていない。

なぜなら間違いというものは『自分の本心を聞かずに生きること』だけだから。

 

失敗が怖い時のおすすめの本

失敗が怖い時のおすすめの本を紹介しておきます。

こんな本を読むことができれば、きっと人生は変わるんだと思います。

 

失敗が怖い時の補足1:マインドフルネス

この記事ではまず、『失敗を認める』という考え方を紹介しました。

『失敗を認める』だけで、「意外と失敗は怖くないかも?」と思うことができるのです。

 

この考え方は「マインドフルネス」と呼ばれる考え方の一つです。

マインドフルネスについて詳しくは以下の記事を見て下さい。

マインドフルネスとは?仏教との関係性は?意味を分かりやすく解説!

 

失敗が怖い時の補足2:Steve Jobsのスピーチ

失敗が怖い人のために、オススメのスピーチを紹介します。

リスニング対策:「Stveve Jobs(スティーブ・ジョブズ)」の伝説的スピーチ

Steve Jobsがスタンフォード大学で行った伝説的なスピーチです。

『Connecting The Dots』という考え方を紹介してくれるのですが、その考え方が非常に参考になります。

詳しくは上の記事を見てみて下さい。

 

失敗が怖いときの対処法まとめ

「やっぱ失敗ってあるよね~」と思う(詳しくはこちら

・失敗を書き出してみて、「意外と大した事ないかも?」と思う(詳しくはこちら

・ただし、『再起不能の失敗』だけはしないようにする(詳しくはこちら

『失敗しただけだ、間違いじゃない』という発想をする(詳しくはこちら

『やってくるものを楽しむ』発想をする(詳しくはこちら

これが今回のまとめです。

 

ではでは、しゅゆでした。

どうかこの記事が、多くの方の役に立てることを祈っています。

 

他の働き方・生き方の記事はこちら!

 

勇気を貰えるメールをお届けします!

お問い合わせは以下から

以下の画像をクリック!

-働き方・生き方
-,

Copyright© なう らいふ , 2019 All Rights Reserved.