メンタルヘルス

ネガティブな情報は避けろ!ネガティブな情報で脳機能が低下する

2018年6月7日

ネガティブな情報に触れるだけで脳機能が低下する!

今回は

ネガティブな情報に触れるだけで脳機能が低下する

ということについて解説していきます。

 

皆さんはテレビ・SNSなどで

ネガティブな情報に触れていませんか?

 

実はネガティブな物や情報に触れるだけで

脳にとてつもない悪影響があるのです。

 

ネガティブな情報は受動喫煙のようなものです

受動喫煙のようにネガティブな情報に

触れるだけで、あなたの脳は

ストレスを受けているのです。

 

この記事では

なぜネガティブな情報に触れない方が良いのか

なぜネガティブの悪影響は広がっていくのか

を説明していきます。

 

ぜひネガティブな物や情報に

触れないようにして、

毎日の生活を送ってください。

 

ネガティブな情報が脳に与える悪影響:受動ストレス

ネガティブな情報をなぜ

避けるべきなのでしょうか?

 

それには受動ストレスという概念が

大きく関係しています。

 

受動ストレスとは

能動的ストレス:自分自身が感じるストレス

とは反対の概念で、

他人のストレスやネガティブな感情

感じてしまうことにより感じるストレス

のことです。

 

人間は社会的な動物であり、他人の感情に

大きく影響を受けやすい生き物です。

 

ネガティブな情報や感情に触れただけでも

「自分だったら…」と考えてしまい、

自分もネガティブになってしまうのです。

 

ネガティブな情報は伝染しやすい?

実際に人がネガティブな感情

どれだけ影響を受けやすいかを

調べた有名な実験があります。

 

1981年の研究(1)で、

どのように人の感情が伝染するか?を調べた実験です

 

結果を簡単に説明すると、

周囲にネガティブな感情を持った人いると、

ネガティブな人の表情や感情が伝染して

自分までネガティブになる

ということが分かりました。

 

このように人は他人の感情に

簡単に同調してしまうので、

 

ネガティブな情報に触れるだけ

私たちはネガティブになり、

受動ストレスを感じるのです。

 

ネガティブな情報が脳に悪影響を与える?

ネガティブな情報は

脳に直接的な悪影響を与える

ことが分かっています。

 

2004年の研究(2)

ネガティブな感情(怒りなどの負の感情)に

さらされた被験者は、扁桃体や海馬傍回などの

記憶や情報の処理に関係する脳の部位の活動が低下した

ことが分かっています。

 

つまり

ネガティブな感情を見たり感じたりするだけで

私たちの記憶や情報処理能力が低下する

のです。

 

さらには、2014年の研究(3)

ストレスがたまった人の映像を見るだけで、

視床下部-下垂体-副腎系(HPA-axis)という

コルチゾールの分泌を促す神経経路が活性化される

ということも分かりました。

 

コルチゾールはうつ病、糖尿病、

メタボリック症候群と

大きく関係するホルモンです。

 

つまり

ストレスがたまった人を見てしまうだけで、

私たちの体内のコルチゾールレベルが増加して、

うつ病、糖尿病、メタボリック症候群などの

病気になりやすくなる

のです。

 

もっと驚くべきことに、

私たちの体内のコルチゾールレベルが増加すると

 

脳の「海馬」という私たちの記憶や推論能力に

大きく関係する部位が縮小することが分かっています。

 

実際に2004年の報告(2)

過剰なストレスにより分泌された

コルチゾールは、脳の海馬を委縮させる

ことが分かっています。

 

このことから私たちは

ネガティブな情報によって

受動ストレスを感じるだけで、

脳の機能が低下してしまう

ことが推測できるのです。

 

ネガティブな情報を避けるためにはどうすればいいのか?

ネガティブな情報を避けるためには

どうすればよいのでしょうか?

ここでは2つの方法を紹介します。

 

メディアやSNSを見ないようにする

一つの方法としてはできるだけ

メディアやSNSを見ないようにする

ことが考えられます。

 

テレビなどのマスメディアや、

ツイッターなどのSNSでは、

 

悲惨なニュースや他人の喧嘩など

負の感情に溢れています。

 

特にマスメディアは、

意図的にネガティブな情報を流している

ので、注意が必要です。

 

マスメディアがネガティブな情報を

意図的に報道する理由は、

以下の記事を見てください。

メディアがネガティブな情報を報道する心理~受動ストレスを用いた効果的マーケティング~

 

 

ネガティブな情報を報道する

メディアを、できるだけ

避けるだけでも、効果があります。

 

ネガティブな情報があふれる場所には、

行かないようにしてくださいね。

 

ストレスを感じた時に「発想転換」する

また二つ目の方法としては、

ストレスを感じたときに自分の感情を高める

テクニックがあります。

 

具体的には、ストレスを感じた時に

ストレスで私は燃えてる!!

と、ストレスが自分の気分を

高揚させていることを想像するのです。

 

実際にハーバードビジネススクールの研究(4)でも

不安を感じている時は

落ち着こうとするよりも、

気分を高揚させたほうがよい

ということが報告されています。

 

このストレスを感じた時に、

気分を高揚させるテクニックは

『リフレーミング』とも呼ばれます。

 

詳しくは下の記事に書いていますので、

興味のある方はご覧ください。

【ストレス発散】つらい状況を乗り越えるテクニックを紹介!『リフレーミング』とは?

 

ネガティブな情報についてのまとめ

・ネガティブな情報は受動ストレスを与える

(詳しくはこちら)

 

・ネガティブな情報は伝染しやすい

(詳しくはこちら)

 

・ネガティブな情報で脳機能が低下する

(詳しくはこちら)

 

・ネガティブな情報を避ける方法は2通り

(詳しくはこちら)

これが今回のまとめです。

 

できるだけネガティブな

情報・もの・人を避けて、

生活するようにしてください。

 

ではでは、しゅゆでした。

 

この記事が少しでも多くの方の

お役に立てることを願っています。

 

他の『メンタルヘルス』の記事はこちら!

 

ネガティブな情報についての参考文献

(1)Effect of individual differences in nonverbal expressiveness on transmission of emotion

 

(2)Effect of task conditions on brain responses to threatening faces in social phobics: An event-related functional magnetic resonance imaging study

 

(3)Cortisol increase in empathic stress is modulated by emotional closeness and observation modality

 

(4)Getting Excited Helps with Performance Anxiety More Than Trying to Calm Down, Study Finds

 

パレオな男 アラフォー男がアンチエイジングについて考えるブログ

(かなりオススメできるブログです。ぜひ読んでみてください。)

 

メンタリストDaigoオフィシャルブログ

 

勇気を貰えるメールをお届けします!

お問い合わせは以下から

以下の画像をクリック!

-メンタルヘルス
-,

Copyright© せかんど・らいふ , 2019 All Rights Reserved.