モチベーション管理

【モチベーション管理】中だるみは当然だ!モチベーションは続かない!

投稿日:2019年1月10日 更新日:

今回の要点

やる気やモチベーションは絶対に途中で無くなっていくので、

やる気がなくなっても気にしなくてよい。

 

解説動画↓↓↓

 

「最近やる気ないわ~」

「なんで今まであんなに頑張ってきたんだろう…」

「もう無理ぽ(もう無理っぽい)」

などなど、最近こんな気分を味わったことはないですか?誰でも一度は、やる気がないとか、モチベーションが続かないとか、そういった気分を味わったことがあるはずです。

 

実はそのようなやる気の消失は「当たり前」のことなのです。あなたの意志力が弱いとか、性格が悪いとか、そんなことは全くなく、「当たり前」のことなのです。

 

今回は「中だるみは当たり前だ!」という話をしていきます。

 

中だるみは当たり前

作家であるダニエル・ピンクは「When 完璧なタイミングを科学する」という本を出版しました。

そしてこの本の中には以下のようなことがかかれています。

 

人生における幸福度は中年期に最低になる。また、企業のプロジェクトも期限の中間地点でモチベーションは最低になる。全ての生命にとって「中間地点での幸福度の減少」は抗うことのできない真実である。

 

つまり、人が何かを達成しようとするときは、必ず中間地点でモチベーションや幸福度が減少するのです。

具体例を以下に挙げてみると…

・人生における幸福度は、青年期に上昇し、そこからは中年期まで下降し続ける。そしてある時を境に、中年期以降に幸福度は上昇していく。

・人の1日のサイクルにおいても、朝起きたときと夜寝る前が最も幸福度が高く、夕方には幸福度が最低にる。

・企業のプロジェクトを進める時、プロジェクトの始まりとプロジェクトの期限が迫ってきたときにモチベーションが最も高く、プロジェクトの中間地点ではモチベーションが最低になる。

・高校生の勉強や部活動に対するモチベーションは、高校1年生と高校三年生の時が最も高く、高校2年生の時はモチベーションがあまりない状態が続く。

 

つまり、あなたのモチベーションが続かない理由は、性格に問題があるのではなく「中間地点」という時期に問題があるのです。中だるみは仕方のないことだ、ということが言えるのです。

 

中だるみに対処する方法

中だるみは仕方のないことだ、ということは理解してもらえましたか?

では、必ずやってくる中だるみにどうやって対処すればよいのでしょうか?

ダニエル・ピンクは中だるみへの対処法として、以下のようなことを提唱しています。

中だるみへの対処法(By ダニエル・ピンク)

1.中だるみを意識すること。気が付かないままにしてはダメ。

2.中だるみの意識を、諦めではなく、気をもむ機会として使う

3.中だるみでほんの少しだけ自分が負けていると考えてみる

これだけでは少しわかりにくいので、私なりの言葉で言い換えてみると、

 

中だるみへの対処法(By しゅゆ)

1.「中だるみは仕方のないことだ」と諦めて、中だるみであることを自覚する

2.自分が中だるみだと思ったら、「中間地点まで進んできた証拠」だと考える

3.中だるみの時は毎日少しでも努力を継続すればよいと考える

となります。

 

1.はメタ認知

2.はポジティブ思考

3.はタスクフォーカスの考え方

を使っています。

 

タスクフォーカスについては以下の記事を参考にしてみてください。

>>状況に合わせた目標意識の使い分け~タスクフォーカスとゴールフォーカス~

 

また「中だるみを活かす方法」として参考記事付きで、以下のようなことも述べておきます。

中だるみを活かすための方法

 

1.中間目標を設定する

>>【失敗しない!】やる気が続いて計画倒れしない計画の立て方

 

2.中間目標を公約する(パブリック・コミットメント)

>>目標を紙に書く人は成功する

 

3.中途半端なままで作業を終える(ツァイガルニク効果)

>>過去の失敗や未完成なものほど気になってしまう理由~ツァイガルニク効果~

 

4.鎖を断ち切らないこと(サインフェルドのテクニック)
:カレンダーにバツ印をつけていって、バツ印が描く鎖を切らないようにする

 

5.人に役立つことを考える

>>サーバント・リーダーとは?奉仕を第一に考えるべき理由

 

ではでは、しゅゆでした。

今回の要点は「中だるみは仕方のないことなので気にしなくても良い」でした。

 

参考文献

When 完璧なタイミングを科学する

お問い合わせは以下から

以下の画像をクリック!

人気記事一覧

-モチベーション管理

Copyright© へんてこパーク , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.