働き方・生き方 読んだ本紹介

学びと感動の人生を生きるための9つの知恵とは?~大富豪からの手紙~

投稿日:2019年2月18日 更新日:

「なんだか最近人生がつまらないな~」とか、そんなことを思っていませんか?

 

実は、人生は工夫次第でいつも面白くすることができます。

どれだけ辛くてつまらないと思えるような人生でも、必ず面白くすることができるのです。

 

あなたの人生がつまらないのは、あなた自身のせいなのです。他の誰かのせいではありません。

あなたの考え方や行動が、つまらない人生を生み出しているのです。

 

そして、人生を面白くする方法は簡単です。

どんな時でも決断を早く、感情に素直になって、直感ベースで生きてみることです。

たったそれだけで、驚くほど人生が変わっていくのです。

 

今回は皆さんに「人生を面白くして、理想の人生を生きるための知恵」を学ぶための本を紹介しようと思います。


 

 本田健さんの「大富豪からの手紙」です。

 

この本には「偶然・決断・直感・行動・お金・仕事・失敗・人間関係・運命」の9つの側面から、最高の人生を生きるためのアドバイスがふんだんに散りばめられています。

 

・今の生活を少しでも面白くしてみたい

・決断と行動を早くして、誰よりも面白い人生を生きてみたい

・理想の仕事をして、お金と健全な付き合いをしていきたい

・羨ましがられるような人間関係を持ちたい

そんな気持ちを持っている人は、ぜひこの本を読んでみてください。

学びと感動で、人生が180度変わること間違いなしです!

 

今回のまとめ

ワクワクを優先して、とにかく勇気をもって飛び込め!

 

偶然

偶然というものは、この世には存在しない

君にはこれからの人生で「すべてのことには意味があって、自分を幸せにするために起こっている」という可能性を見てもらいたい。

 

シンクロニシティを(一見偶然に見える、意味のある必然)を見つけるコツはね、カフェに入ったら、知り合いがいないかをぐるっと見回すことくらい、簡単なことなんだ。たまたま隣に座った人に話しかけるとか、すれ違った知り合いを食事に誘うとか。

 

人生で起こる偶然を、自分の人生を切り開くきっかけにする。誰にでも起きている「偶然の魔法」を、自分の人生を飛躍させるための使えなければ、ワクワクするようなことは望めない。

偶然に起きることはないし、偶然に出会う人もいない。

 

「普段はぐずぐずして動けない僕なのに、不思議に動けている」そんな感覚を大事にする。

 

決断

決めると、物事は動き出す。

信じられないかもしれないけど、「決断した瞬間」に、「その未来は、同時に誕生する」

 

決めた分だけ、人生は面白くなりそうな気がしないか?

これからは、積極的に決めるくせをつけてほしい。

 

決断すること=自分の新しい未来を作り出すこと、だと覚えておいてほしい。

 

「一つ上の階層から見て、その意識で決断できるかどうか」で、君はまったく違う世界へと、ジャンプできるんだよ。

現時点で何を、どう決めたらよいのかわからない場合は、「最高の未来を手に入れる」と決めてしまえばいい。今の生活からは想像できないような、上の次元の、生活をありありと想像すればいい。

 

「最高の未来は、いつも自分の意識の外にある」

 

「不安のコスト」=「手に入ったかもしれない最高の未来」
だからこそ、決断する。だからこそ、人生を信頼する。

 

決めたことはちゃんと紙に書く。

 

「人生のすべてを一瞬で変えることはできない。だが、進む方向は一瞬で変えることができる。

 

決断に対する不安と恐怖を克服すること。

そのために、

1.不安や恐怖を感じて当たり前だ、と気づくこと
2.不安の裏側にあるワクワクする気持ちにフォーカスさせること
3、決断にストレスを感じるほど、即決するようにする

決められないなあ、と思ったら、そこで即決する。

 

心配していることの90%以上は、実際には起きないこと。

 

成功者ほど、本気で決めて生きていく人を、一生懸命に応援したがります。本気で決めれば、きっと誰かが助けてくれる。

 

【迷ったら、怖い方に飛び込め!】

 

直感

感じるかな?君はもう流れに乗っているんだよ。

 

直感は「英知」であり、君を幸せに導く、ナビゲーションシステムだと言える。それは深いところで、すべてを知っている部分からの信号だと思っていい。だから、直感は君にとって必要な信号しか送らないようになっている。

その人にとって何が大切かは、その人の心と体がちゃんと知っている。ワクワクする、ぞくっとくる、体が熱くなる、楽しくなってくる、などが直感からのサイン。

 

大切なのは、君の心の声に素直に従うこと。理性でよくわからない時でも、心と体で得た直感に、人生をゆだねる勇気を持つこと。

「面白い!」「これからどうなるんだ!」「波に乗っているなあ!」という感覚で旅をするのは、人生で最も楽しくて、ワクワクする体験なんだよ。

 

「何より大切なのは、自分の心と直感に従う勇気を持つこと」

直感の決断が正しいかどうかは、気にしないこと。選んだ後に、全力を尽くすことが大切で、それさえできれば、たいていのことは何とかなる。

 

いいかい?人生で一番つまらないのはね、何も決めないまま、ただ時間をだらだらと過ごしてしまうことなんだ。

どうか直感を、自分の中心に据えてほしい。そして直感でどんどんいろいろなことを決めて、行動してもらいたい。

 

【直感とは感覚。5感のいずれかで受け取る人もいれば、第6感として感じる人もいる】(僕の場合は、ゾクゾク感)

直感を感じる3つのステップ

1.目をつぶって、心を静かにする
2.自分が決める内容をイメージする
3.直感の答えが、どういう経路で来るのかを見る、感じる

 

直感は心の奥底にある、明確な情報。しっくりくる感じ。ずっとそこにある、確かな感覚。直感は新しいステージへのいざないでもあるから、それに対して恐怖を感じてしまうことはよくある。だからこそ自分自身に聞く。「これは直感?それとも単なる恐怖?」(どっちでも問題ないけど)

 

本当に大事なことは、ずいぶん前から、知っていたような感じがするものです。

 

行動

いくら決断しても、行動することなしには、その未来は近づいてこない。1ミリも。

 

大半の人は「将来、不都合があるからイヤイヤやる行動」に精一杯で、「楽しいからワクワクする行動」をやらない。不幸なことにね。

 

「生きること、それは呼吸することではない。行動することだ。」

仏教で「一期」とは、生まれてから死ぬまでの間のこと。その間に、ただ一度しかない出会いを大切にしなさいということやな。

 

この世界には、2通りの人間がいるんやで。人生の大切なもののために行動できる人間と、行動できない人間や。今、行動を起こさせたいなら、すぐに、目標を立てた方がええ。

 

本当に流れが向かっていない時が来たら、動かないで、待つことも必要なんや。そんなときは、偶然と直感の流れに身を任せればええんや。実は、そのタイミングで出会う人がな、のちに人生を一変させてくれるような人であることが多いんや。

 

本当の自分は、心の中にいる。でも、その自分と出会うために、僕たちは旅に出るんだ。だから、やっぱり旅に出るべき、行動するべきなんだよ、わかるか?

 

お金

お金を失うことは些細なことで、名誉を失うことは甚大だ。だが、勇気を失うことは全てを失うことだ。

勇気さえあれば、人望さえあれば、お金はちゃんとついてくるんだよ。

 

お金の真実

1.お金とはエネルギーであり、善悪はない
2.多くの人が「お金を信頼すること」によって、その価値が成立している
3.「お金と、どう付き合うのか」は選択できる

良いも悪いも関係なく、エネルギーがある人のところにお金は集まっていく。だからこそ、自分のエネルギーを高める。

 

お金の価値は幻想にすぎない。価値があると思っているものは、みんなの共同幻想にすぎないということを、くれぐれも忘れないように。

 

お金に邪魔されない人生が最低限、大事だと思う。お金から自由になるためにはね、「お金をいくら持っているかと、幸せは、まったく関係がない」ということを、知ってほしい。

お金とちゃんと向き合ったうえで、お金とのバランスをとる。

 

「自分でお金を作り上げる楽しみ」を感じる。「自分の才能を見つけて、それを磨き、ドキドキしながらお金を受け取るプロセス」は、人生でもっとも楽しいことの一つだと思う。

お金持ちであることを見せびらかしても、良いことなんて一つもない。

 

お金とちゃんと向き合わない限り、お金持ちになることは無理だ。今の世界は、『ただ、頑張るだけでは、お金持ちになれないようになっている』から。

多くの人は収入を増やしたら、同時に支出も増やしてしまう。そして簡単に生活レベルを下げることができないようになってしまう。

 

自分の器を超えてお金を手に入れてしまうと、人は不幸になってしまう。

 

いいお金の使い方は、自分と周りの人を幸せにできる、という視点で考える。
誰かを幸せにするたびに、自分の器が大きくなって、お金から自由になっていく。

 

お金持ちになる方法は3つくらいしかない
1.家族のお金を受け継ぐ
2.お金に動いてもらう
3.自分の才能を使って、仕事で稼ぐ

3.しかない。だから【自分が持っている才能の中で、一番のもので勝負する】これが大事。

 

『人生は恐れなければ、とても素晴らしいものなんだよ。人生に必要なもの、それは想像力と勇気、そして少しのお金だ』

『人生のチャンスというものは、遠くにあるのではなく、常に半径3メートル以内のところにある』

 

『まったくのゼロから出発して、『自分のキャッシュポイント(才能がお金になる活動)』を見つけて、ワクワクしながら行動して、失敗して、成功して、また失敗して、それから成功をつかむ』
それこそが、人生の楽しみ。

 

モテるやつはこちらから追いかけるのではなく、追いかけられるんだよ。『恋も、仕事も、お金も、欲しがって追いかけると、逃げられる』んだ。女性は追いかけちゃダメ。

 

仕事

誰かに喜びを与えたり、利益を与えることに喜びを感じるのが人間という生き物なんだ。
それが、人間の本質なんだ。だからこそ、自分の才能を使って仕事をして、人を幸せにする。

 

自分のやりたいことをやって、社会に貢献する。そんな天職に出会うこと。最初のころは、天職に出会うことは難しいだろうが、心がけていれば、必ず出会える。

 

小さいころからしていて楽しかったこと。努力をあまりせずにできたこと。

 

成功している人はみんな仕事が大好きだ。というよりも、「心から仕事が大好きだから、成功した」というのが正しい順番かもしれない。

もし仕事が楽しめなければ、何かが違うと思った方がいい。

仕事が楽しめない理由は以下の3つが多い

1.自分の才能にあっていない仕事をしている
2.仕事のやり方が楽しくない
3.人間関係がよくない時

 

仕事には大きく分けると3つの形がある。

1.労働で稼ぐ
2.ビジネスで稼ぐ
3.資産で稼ぐ

 

もし自分のビジネスで稼ぐということをやりたければ、自分が何を提供できるのか、ということに真剣に取り組むことだ。

 

人間は、損をしないと学べない。

 

投資における一番大事なことは、時間を味方につけること。長期であれば、知恵を使えば、ある程度予測することができる。

仕事で大事なことは、情熱工夫
情熱は夢中になるということ。とことんそれ好きになる。熱中する。没頭する。だからこそ、情熱をこめられる、大好きな仕事を見つけることが何よりも重要。また、「誰かに報いたい、誰かを喜ばせたいという恩返しのエネルギー」は、とても大きなもの。
そして、仕事の工夫には「量」「質」「方向性」が大切。この3つをとことん工夫する。3つの掛け算で決まる。考えられる限りの工夫をしないと、積みあがっていかない。掛け算が聞かない。

 

『最終的に、仕事で成功して、ある程度の資産を築ける人』というのはね、『視線の高さ』が違うんだ。それは『どこを見て仕事をしているのか?』ということなんだ。

 

【ビジネスの最大の失敗は、自分の思い込みだ】

 

失敗

失敗の数だけ、老後の楽しい思い出が増える

 

幸せな時間というものは、ずっと長続きするものではない。

行動すると、失敗は必ずついてくる。それは避けられない。必ずだ。

 

【成功のためには失敗が必要だ。失敗のない成功は危険だともいえる。】

失敗とは、うまくいっていない時点で、諦めることを言う。

 

悩んでもいい。失敗をして、悩みながらも、行動し続けることだ。

人生には、うまくいかない分野もあれば、うまくいっている分野もある。1つがダメなら、別の分野で頑張ればいい。

 

【成功するのは難しいようだけれど、「挑戦する人の数が少ないので、実際には、競争相手はほとんどいない」んだよ。】

『成功するために唯一の方法は、失敗してもあきらめずに、挑戦し続けること』なんだよ。

『リスクを冒して派手に失敗した人には、金メダルだ!』

 

人の失敗の原因には3つがある。

1.傲慢さ:人から褒められたら「ありがたい、でも気を引き締めよう」と思うこと
2.計画と検証の甘さ
3.人間関係

男女関係の失敗は、立ち直るのにも時間がかかる。一番問題なのは、以前の関係が心の中で清算されていないのに、また次の関係に行ってしまうこと。

 

【失敗から学べば、もっと成長できる】

失敗の中に成功あり。成功の中に失敗あり。よく覚えておくんだね。

 

仕事の喜びとは、周りの人を巻き込みながら、関係者全員を幸せに豊かにすること。関係者とは、仕事仲間、お客さん、取引先など、関わる人全員だ。

 

【人生の目的は、自分を差し出すことで、人に喜んでもらうこと】

自分の才能も労力も、すべてをケチってはいけない。自分が持っているものを、すべてささげるような気持ちで仕事をする。

 

【大切なのは、普段から次のステップは何かを考えておくこと】

 

人間関係

良い人間関係なしでは、何事もうまくいかない。

 

仕事上の人間関係は、相手を喜ばせることを意識すればいい。

【人を好きになってほしい。そして、人から好かれる人になってほしい。】

 

何が幸せか、という定義が違うのだろう。

先進国では、不幸になるのは簡単で、幸せになるのが難しい。

【幸せとは、『現状に、どれだけ満足しているか?』ってことだろう?】

 

ブータンが世界一幸せな国であるということは、幸せになるのに、お金や物は必要ないということの証明でもある。『幸せはね、獲得したり、つかみ取るようなものではなく、感じるもの』

 

人間関係で最も大切なことはね、【内面的に満たされている人になる】ってことなんだよ。
内面的に満たされている人は、愛や友情、優しい言葉をくれる。一緒にいると、自然と心が和む。
【自分を分かち合おう】とする人には、自然と人が集まるんだよ。

 

与えることで自分の内面を満たすこと。

 

【この世界にはね、おもしろい法則があるんだよ。『もらおうとすると、もらえない。でも、与えると、まわりまわって誰かが与えてくれるようにできている』んだよ。しかも、何倍にもなってね。】

 

人間関係において、ネガティブな感情が出てくるのは、それだけ関係が深まった証拠。人間関係は感情で深まっていく。お互いのネガティブな感情を表に出さないと、人間関係も深まらない。人は表面的なことではなく、相手の本音が知りたいんだ。特に女性は、

 

【世の中には、どちらも正しい、どちらでもいい、ということがあるのさ】

 

二人の人間の間に、人間関係が発生したら、必ず一人は前に進みたがり、もう一人は現状維持を望むようになっている。人間が集まると、同じ集団の中で、人間関係のバランスをとろうとする作用が働いて、反対のポジションに行ってしまう。だからこそ、お互いがどちらも正しいことを認めないといけない。

 

【僕は「成長すること」ばかりに意識が言って、大事なこと、「今を幸せに生きること。今を楽しむこと。今の本音とつながること」をとり逃してきたのかもしれない。】

穏やかな人間関係、やさしさが、幸せのカギだ。

 

目の前の人とつながって、自分らしくいること。

ある側面から見ると、『自由意志はあったし、すべてを最初から自分で決めてきた』ということもできる。でも、後から考えてみると『すべては、最初から決まっていた』と言うこともできるのではないかな。

 

【自分の運命が決まっていようと、決まっていなかろうと、自分がやりたいようにやる】ことだね。

 

『自由意志で自分から主体的に行動するとき』と『流れに身を任せる時』を選択してみるとよい。

 

【人は何かを達成したり、何かを手にしたりすることで幸せを感じられるのではなく、「今の自分でいいという感覚を持つことで、深い幸せを感じられる」ということを知った。】

 

運命

どこで何をして、誰と出会ったか、詳しいことはわからないが、振り返ってみると、「すべて必然だった」ような気もするはずだ。

 

「宿命」は、宿る命。自分が生まれたときに決まっているもの
「運命」は、運ぶ命。どうやって生きるかは、キミが自由に決められる
宿命の引力は、絶対に働いている。けど、そこから自分の運命を選択することを恐れてはいけない。

 

【悪いと思うことが起きるたびに、これで一つネガティブな要素が減った】と考えられるかどうか。例えば、不快なことが起きたときに、「これから運命は、いい方向に向かうんだな。ありがたい。」と思えるかどうか。宿命と、運命の境界線を、自分で引くことができるか。

 

【人は変われる。でも、なかなか変われない。】

 

『運命を動かすものが何か』を知ってほしい。どんなときも、「宿命」と「運命」という観点から、人を見るといいよ。その観察から、「変われる人と変われない人の違い」を発見して、自分の人生に役立ててもらいたい。

 

【人生を変える選択肢が、毎日、与えられている】
だからどうか、キミの意思で自分の「運命」を選び取ってほしい。「宿命の引力」から抜け出て、自分の人生を切り開いてほしい。
心がワクワクすることを毎日やって、自分の夢を追いかけてほしい。人生は、キミが楽しむためにあるのだから。
そのためには、【直感で動き、人生がもたらす、すべてを受け入れること】
それさえできれば、きっと、面白い人生が生きられるよ。

 

【人生の目的は、自分らしく生き、人とつながること】だ。

 

人類の英知は、次の世代へと受け継がれていくことで、進化していくんだ。

 

人生を変えるのは、どんなときも「人」なんだ。

 

参考文献

大富豪からの手紙

 

お問い合わせは以下から

以下の画像をクリック!

人気記事一覧

-働き方・生き方, 読んだ本紹介

Copyright© へんてこパーク , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.