日記・雑記

学校では教えてくれない、幸せに生きるための方法

2019年2月20日

こんにちは、本名です。

ここ2~3週間の間で思うことを、書いていきます。

 

あー、でもあんまり書くことないかもな~。

別に何か目的があって、書くわけではないのだけれど、自分の思考と感情をちゃんと把握するために書きます。

 

最近夜寝れなくて、困ってるんですよねー。

いや、困ってないわ。別に。

 

うん、困ってない。

 

で、運とかツキとか流れとかを最近感じていたんですけど、寝不足の今日はあんまり感じない。

寝不足だからかもしれないけど、とにかく何も感じない。

いや、感謝とかは感じているんだけど、あんまり感じない。

瞑想しようと思ったら、寝てしまうし、

今の自分、全然頭回ってないし、

 

別に何かを頑張る必要はないし、我慢する必要もない。

頑張ることを頑張らない、

なんだか変な表現だけど、それが真実。

 

我慢してまで何かを頑張る必要はないし、我慢して頑張っているのであれば、その努力は絶対に報われない。

例えば受験勉強で、勉強するのが嫌だけど我慢しよう、と思っている人と、勉強することが好きだから勉強しよう、と思っている人と、どっちの方が成果を出すと思いますか?

絶対に後者ですよね。

だから、何かを頑張る必要はない。

そういえば、頑張ってたな~、って思う程度にしておく。

そう思える、好きなことをやっていく。

 

今寝不足だから、めっちゃ自分の中に焦りの感情が出ている。

良くない。

あせってはいけない。

焦りは運を逃すことにつながっちゃうから。

でも、ねっむい。

 

僕たち学生はとことんかわいそうですよね。

勉強してもあまり報われないことばかり、勉強させられる。

しかも、1日中、教室に閉じ込められて、まるで牢獄みたい。

 

そんな牢獄に閉じ込められているから、みんな我慢することを覚えてしまう。

生きていくために、我慢することが正しいんだ、って思わされてしまう。

でも、我慢する必要なんてなくない?

 

やりたいことがハッキリしているのであれば、それをやればいい。

やりたくないのであれば、やらなければいい。

そんな行動の自由の選択を、学生は奪われている。間接的に。

 

そして社会人も、結局我慢する。

今は我慢する時だ!って言って、結局体調を壊して、メンタルを壊して、再起不能になる。

そんな人が今の社会でどれだけ多いのだろう?

 

やりたいことがはっきりしていなくても、もっと素晴らしい人生を生きるんだ!って思えばいいじゃん。

 

仕事や勉強を我慢してやって、週末にその我慢した分だけストレスを発散する。

飲み会とか、愛を感じない友情で、毎日のストレスを発散する。

仕事で稼いだお金は、そのストレス発散のために使われる。

だからお金が無くなっていく。

 

でもさ。

人生って、そんな窮屈なものではないでしょ。

自分の生涯の仕事を見つけて、自由に勉強して、自由に行動して、流れを見極めて、バランスをとって、幸せに生きてく。

自分が幸せであることに気が付く。

そんな旅が、人生なんじゃないかな?

 

自分のしたいことを見つけるために、出会う人々に、出会う情報に注意しておく。

人生に波があることを理解して、人生に期待する。

きっといいことがあるんだ~って思って、期待する。

 

あ、予言しておきますけど、僕はきっと2年後くらいに何か成果を出せると思います。

 

はい、

 

で、

辛いことがあっても、つらいことが将来何か意味があることになる、って思って、生きていく。

それが人生でしょ。

絶対に、我慢することではない。

他人から、仕事を強要されることでもない。

他人から、勉強を強要されることでもない。

他人から、愛を強要されるものでもない。

 

まあ、仕方ないか。

だって世の中の90%の人は、何も考えてないんだし。

毎日を我慢して生きるのに必死で、何も考えられない。

 

で、残りの10%のうち、半分が明るい未来をよく考えてる。もう半分がネガティブなことを考えてる。

そんな感じ。

 

だから周りの人々が何も考えていなくても、それは普通のこと。

だから、彼らの毎日の生活の大変さに、心を痛めてあげる。

大丈夫?って声をかけてあげる。

それが一番いい。

 

皆今の生活に満足しているんだ。

もっと年収が欲しい、とか

もっと愛されたい、とか

そんなことを思っている「だけ」なのは、今の状況が心地よいから。

 

今の状況から変わることが怖いから。

人は確かに変わることができる。

けど、ゆっくりとしか変われない。

 

だから、他人に変化を期待してはいけない。

そのままでいいんだ、って言ってあげる。

 

実際、そのままで困っていないわけだし。

 

人が信じていることなんて、ほとんどが幻想なんだと思う。

お金で幸せが手に入ると思っていることも、

仕事熱心にすれば誰かが愛してくれると思っていることも、

正論が正しいと思っていることも、

お金に価値があると思っていることも、

全てが幻想。

 

人が信じていることなんて、ころっと変わる。

時代の変化に応じて、すぐに変わってしまう。

戦争に負けるまでは軍人を目指すことが偉かった。

けど、戦争に負けてからは戦犯扱い。一気に悪者。

 

今の世界で正しいものは何?

多くの医者になることが素晴らしいと思っているけど、それは正しいことなのか?

 

 

まあ、これは正しい。

なんでかって言ったら、人を喜ばせることが、人の本質だから。

世の中で人々が信じていることはよく変わるけど、人の本質だけは変わらないから。

 

この世界で生きていくために、本当に勉強すべきことは、きっと学校の勉強とは違う。

答えがない世界で、どうやって答えを見つけていくか?

そのための知識と知恵を、勉強しないといけない。

 

人間関係、心理学、人の愛について、お金との付き合い方、人生を信じること、物語の素晴らしさ、人の本質、仕事との向き合い方、

そんなことを、学校では教えない。

人生で必要になることを、学校では教えてくれない。

 

笑顔でいよう。

感謝しよう。

ありがとうって、言葉にしよう。

今までの全てに、感謝をしよう。

そして、素晴らしい将来がやってくることを信じよう。

自分の直感をもっと信じよう。

素晴らしい人の出会いの縁を、ちゃんと感じよう。

チャンスをつかむ準備をしておこう。

常にアンテナを張り巡らせておこう。

 

それがきっと人生の、正解。

いや、正解なんてないか。

 

世の中にはどっちでもいいことがある。

正しい、間違い、それだけで判断できることなんて、試験問題くらいだ。

判断できることの方が少ない。

 

だから、自分のことだけは信じてあげよう。

 

自分の直感を正しいと思うこと。

愛を与えること。

笑顔を与えること。

人を喜ばせること。

ちゃんと喜んであげること。

心の底から人を応援すること。

自分のしたいことを常に探すこと。

頑張っても無理なものは無理。良い意味での諦めを持つこと。

人生が示す課題に、ちゃんと答えること。

その課題が見えるように、毎日直観力を高めておくこと。

毎日ワクワクしておくこと。

 

これが学校の授業では教わらない、世の中で生きていくために必要なこと。

 

僕が正しいと思う、この世の真実。

 

なんて、愛おしい。

 

なんて素晴らしい。

 

こんな世界が、実現すればいいのに。

 

どうかあなたに、素晴らしい幸運が巡ってきますように。

成功にふさわしい、そんな人になれますように。

 

そして僕を支えてくれている、すべての人に感謝を。

 

2019/02/20

本名真言(まこと)

寝不足の夕方、とある教室より。

 

-日記・雑記

Copyright© せかんど・らいふ , 2019 All Rights Reserved.