心理学と医学で日々の生活を進化させるノート

本名真言の医学ノート

SNSでシェア!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

メンタルヘルス

名言でストレスや不安に対処する~アクセプタンス・ワードセラピー~

投稿日:2018年12月4日 更新日:

こんにちは、本名です。

 

今回は、名言を使ってストレスや不安に対処する方法として、

「アクセプタンス・ワードセラピー」というものを紹介していきます。

 

「アクセプタンス」とは「受け入れる」ことです。

 

つまり「受け入れるための言葉を使った治療」がアクセプタンス・ワードセラピーです。

 

ぜひ皆さんも今回紹介する方法を使って、「受け入れる」ことの大切さを理解してください。

 

「受け入れること」の大切さ

アクセプタンス・ワードセラピーを紹介する前に、「受け入れる」ことの大切さを紹介しておきます。

 

「受け入れる」ことを「受容」と呼ぶのですが、

「受容」こそが私たちがストレスや不安に対処するために初めに持つべきものなのです。

 

「受容」とは、「ネガティブな感情も、ポジティブな感情もありのままに受け入れること」です。

 

そして「受容」が重要である理由は、

ストレスや不安をないものとして扱ってしまうと、より一層ストレスや不安が増してしまうから、

です。

 

「受容」の精神がない場合、以下のような流れが起こってしまうのです。

 

1.自分が抱えているストレスや不安から目をそむけて、ないものとして扱う

2.ないものとして扱ってしまったせいで、逆にストレスやや不安を意識してしまう

3.意識を必要以上にしてしまうせいで、より一層ネガティブな感情が増す

4.ストレスや不安の悪化

 

この流れのことを「体験の回避」と呼び、

近年ではこの「体験の回避」こそが、人々が不安やストレスで悩む最も重大な原因だとされています。

 

生きている限り、ポジティブな体験も、ネガティブな体験も、必ず起こります。

 

そして、ネガティブな体験や感情は一見すればない方がよいように感じるかもしれませんが、

ポジティブな体験だけでは人生は味気ない退屈なものになってしまいます。

 

ネガティブな体験があるからこそ、ポジティブな体験が引き立ち、

毎日を楽しく生きることができるのです。

 

しかし、現代人の多くは「ストレスや不安なんてない方がよい」と考えてしまい、

自分が抱えている感情から目をそらしてしまいます。

 

結果としてネガティブな感情を回避するために必要以上に意識してしまい、

ネガティブな感情が増す結果につながってしまうのです。

 

もう一度言いますが、

「受容」とは「ネガティブな感情も、ポジティブな感情も、ありのままに受け入れること」です。

 

この受容の精神こそが、私たちが必要以上にネガティブな感情を意識することを防いでくれますし、

自分でネガティブな感情に対処するきっかけになるのです。

 

アクセプタンス・ワードセラピーの方法

さて、アクセプタンス・ワードセラピーはここまで述べてきた「受容」の精神を養う治療法です。

 

アメリカのノースウェスタン大学は考案したトレーニングで、

「受容」の精神を表現した名言を読むことで、受容の精神を養う治療法です。

 

名言を読むだけですが、その効果は以下の通りです。

 

・名言を読まなかったグループに比べて、ストレスによる食べ過ぎが60%減少

・ストレスによる無駄な買い物をする確率も50%減少

 

名言を読むだけで、受容の精神が高まり、自分をコントロールする能力も高まったのです。

 

アクセプタンス・ワードセラピーの名言

では実際にアクセプタンス・ワードセラピーで用いられる名言を紹介しておきます。

 

・しがみつくことが私たちを強くすると考えるものもいるが、

時には手を離すことが私たちを強くするのだーヘルマン・ヘッセ

 

・手放すことは相手に愛を伝える手段の一つであるー作者不詳

 

・私たちは先に死んだ者たちのことを決して忘れたがらない。

しかし、覚えておいてほしい。忘れてしまうことは世界のおわりなどではなく、

新しい人生の始まりであることをー作者不詳

 

・誰かへの怒りに執着することは、怒りの対象の嫌いな相手が、

あなたの頭の中に住み着く許可を無料で与えることと同じだ。-アン・ラングース

 

・私たちが本当に練習すべきことはたった一つだ。それはお互いの存在を手放すこと。

しがみつくことは誰にでもできる。そんなことは学ばなくてもよい。-リルケ

 

・一呼吸ごとに受容と解放のチャンスが訪れる。

感情を受け入れ、痛みを解放るのだ。-ブレンダ。マッキンタイヤ

 

・ときどき、自分がしがみついているものに本当の価値があるのか確かめ、

手放さなければならないー作者不詳

 

・私たちは計画した人生を諦める意思を持たなければならない。

未来に待ち受ける人生を受け入れるためにージョセフ・キャンベル

 

・老子は『自分を手放すと自分になれる』と述べました。

私は、自分の持ち物を手放した時に、必要なものが手に入りました。

もがくのをやめたときに、理想の仕事やパートナーが見つかったのです。

これが手放すことのパラドックスです。

達成するためにこそ手放すのです。ーメアリー・マニン・モリッシー

 

・自分が何者であるかにこだわらなければ、自分になれるだろう。-老子

 

ぜひ皆さんもここで紹介した名言を使って、「受容」の精神を鍛えてください。

 

受け入れ、そして手放すことが「受容」のポイントです。

 

ではでは。

 

本名真言(ほんみょう・まこと)でした。

 

参考文献

超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド

お問い合わせは以下から

以下の画像をクリック!

SNSでシェア!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

ストレスや不安を抱えている人へ

人気記事一覧

-メンタルヘルス

Copyright© 本名真言の医学ノート , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.