SNSでシェア!

  • 1
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
    1
    シェア

勉強関係

強運を呼び込む51の法則

投稿日:

はじめに

01.強運は、呼び込むことができる

 

第1章:運のいい人、悪い人

02.運は「なにげない日常の一瞬」に劇的に変わる
日常的な偶然を大事にする。偶然を、必然にする。
「ごく些細な日常生活に、運命を変える出来事がある」

03.「大好きなこと」が強運を呼び込む
大好きなことをする

04.不幸を幸せに変える力が運をつくる
一時的な不幸を、幸せに変える
どんなことが起きても、自分の幸せに変える

05.ポジティブすぎる人は運を逃す
物事には必ず、ポジティブな面と、ネガティブな面の両方がある。その両方を見ると、本質がつかめてくる。

06.運のいい人は、いつも最高の未来を予感している
どの未来を選択するのかを、今、決める
最高の選択をし続けること。
どんなときにも、「ここから最高の人生を作るには、どうしたらいいのか?」と質問すること。

07.運が悪くなったら、人生の根本を見直すサイン
不運にめげず、不運のせいにせず、自分の足で立って行動し続ける人には、運がやってくる。
運の女神をこちらに向けさせるぐらい、行動を起こしてみる。

08.ずっと運がいい人も、悪い人もいない
運には上向き、下向きがある。
S字の人生。
運が下がっていると思ったら、「いいタイミングだ、休もう」と考えればいい。
逆に、上向きだと思ったら、「さあ、これから何をやれば楽しいのかな?」とワクワクしながら、自分に聞いてみる。

09.短時間で得た「忙しいお金」は、あっという間に去っていく
資産も、人間関係も、成功も、じっくりと時間をかけて作った方がいい。
「人生は道路のようなものだ。一番の近道は、たいてい一番悪い道だ。」

10.感情的にムラがある人からは運が逃げる
穏やかで人間的に信頼できる人になる。10数える。

11.運のいい人、悪い人は、それぞれでグループを作っている
運がいい人は、リズミカルな生活をして、毎日ワクワクして、人生をエンジョイしている。
どこに属するかで、人生は大きく変わる。
普段付き合う人は、慎重に選ぶ。

 

第2章:運の流れを知る

12.人の流れ、お金の流れをつくれるか、それが運気アップの秘訣
人や情報、お金やモノの流れによって、運は動き出す。
まずは、人が来やすい環境を整えること、情報を上げたいと思われるような人になることが、カギになります。

13.人をワクワクさせるエネルギーが運の源になる
繁盛する店、成功する起業家は、人を引き付けてやまない魅力を持っている。
自分の大好きなことをネタにビジネスをスタートしているから。そしてそれをやることが大好きなスタッフを見つけ、彼らと一緒に毎日を過ごしているので、楽しくて仕方がない。

14.誰のおかげで成功できたかを忘れない
「感謝して受くる者に豊かなる収穫あり」
応援を送ってくれる人に対して、しっかりと向き合っていくこと。そうすれば、ますますあなたのファンになる。感謝を伝えること。

15.リーダーの運で、国も会社も、その命運が決まる
トップとして夢を語らい、リスクを恐れずに前に進もうと呼びかける。
勇気を与える、グループの人に元気を与えてあげることが大事。

16.運は、貯めることも、与えることもできる
運は信用という形で、いろいろな人の間をぐるぐると回っているもの。
運と縁は、世代を超えてめぐっていく。
「愛は幸運の財布である。与えれば与えるほど、中身が増していく」

17.人のために動ける人は運を自在に操れる
宿命と運命の違いを理解する。
宿命の制限を突破して、運を自在に操れるようになるかは、人のために動けるかどうかで決まってくる。
愛する誰かのために無私の心で行動しはじめたとたん、宿命から自由になれる。

18.自分の「運のサイクル」に注意しておく
自分の運の向きに、常に注意する。
一つの見分け方は、周りが自分よりもペースが遅く感じられたり、ぼんやりしているように見える時は、運気がアップしている証拠。
周りが優秀に見えたり、自分が付いていけないな、と感じる時は、運気がダウンしている。

19.あなたの人生を変える3つの運
「上から引っ張り上げてもらう運」
「横から支えてもらう運」
「下から持ち上げられる運」
全てがないと、成功できない。

20.自分の行動の中にしか運は生まれない
運は、動きの中にしか起きない。
心を動かすのも、体を動かすのも、大事。
行動すれば、運がよくなるスイッチが入る。

21.運がいい人も、すべての運がいいとは限らない
全ての運がよいとは限らない。
だからこそ、一つの分野の運を上げて、それを伝染させることを考える。
普段から自分のエネルギーレベルを上げておいて、運をバランスよく配分する。

22.運気は、強い方から、弱い方に伝染する
運は人から人へと伝染する。
運のいい人が一緒に時間を過ごすだけで、相手の運は一気にアップしていく。

 

第3章:人生の好機を逃さない

23.運のいい人は自分を楽しませる方法を知っている
自分が楽しいこと、気持ちのいいこと、人の役に立つことをやれば、それで運は上がっていく。

24.運が下降気味の時は、運がよかったときのことを思い出す
自分が一番輝いていた時のことを思い出して、そのときの感覚、世界観、人間関係のノリなどが、よみがえってくる。それを、今の自分に取り入れる。自分のエネルギーをアップさせる。

25.付き合う人の幅が広く、深い人ほど道が開ける
運気をアップさせたければ、付き合う人を変えて、いろいろな人と付き合うようにする。

26.「強運になりたい」と願いすぎると、幸せを逃す
幸せも運も、あまりに強く願うと、逃げてしまう。
幸せも運も、気づくものであって、獲得するものではない。

27.「お願い上手」に、運は集まる
運は、上手に助けてもらう人のところにやってくる
自分にできることも、気軽にお願いして助けてもらうこと

28.迷ったら、直感とシンクロ二ティで前に進む
チャンスに対する直感を研ぎ澄ませていれば、目の前に不思議な偶然が通り過ぎているのが見えてくる。

29.チャンスが来たら、とにかく飛び込め
やれるかどうかわからない時、チャンスの神様は、あなたの度胸を試すのです。

30.自分の中の葛藤を「運の発生機」に変える
自分の中の葛藤を上手くエネルギーのぶつかり合いとして、摩擦力に、エネルギーに変える。そうすれば、運はアップしていく。

31.欲望をコントロールできる人が運をつかむ
自分の中にある毒、欲望を積極的に認めてあげる。
運のいい人は、透明感のある人。自分のことを考えず、周りのことを考えられる人。そういう人は、自分を後回しにしているのではなく、自分と他人の境界線をわきまえている。

32.運のいいメンターを持つことで、いい運を呼ぶ
運のよいメンターにつく。
「書を読まば最上の書を、師を選ばば第一流の人を」

 

第4章:幸せな人生に導かれる

33.運がいいからといって、幸せになれるわけではない
運がいい時ほど、落とし穴がないか、用心深く進みましょう。

34.運を小出しに使う人は、幸せになりやすい
一人で勝ちすぎると、負けた人の気持ちに添えなくなる。一気に運を使った後は、運を充電することを忘れないようにしてください。

35.運と縁が、人生の質を決める
良い運と縁を持つことは、幸せな人生を手に入れるカギ。
大好きな人と一緒にいること。尊敬できる人と一緒にいること。楽しい人をお客さんにすること。
人生は、誰と出会って、何を感じ、どう行動するかで変わってくる。

36.行動の裏にある動機の質が、人の幸せ、不幸を決める
大事にすべきなのは、動機、エネルギーの質。愛をエネルギーにしているか?

37.運の強すぎる人とは、適度な距離を保つ
人の運気を吸い取ってしまう人には、くれぐれも注意する。

38.運の悪い人を助けてあげると、飛躍的に運がよくなる
運の悪い人、困っている人を助けてあげることは、運を強力にする方法。
不運のときに、人から受けた親切を、人は一生忘れない。
運の悪い人がいたら、「よし、運気アップのいいチャンスだ」と考えるとよい。
人生は長い目で見ると、自分よりも目上の人に助けてもらい、自分よりも下の人を助けることで、ちょうどバランスが取れるようになっている。
誰かを助けてあげられることに感謝する余裕を持つ。

39.「運のおすそ分け」を心がける
何かをもらった時は、身近な人と分かち合うこと。
予期せぬお金やチャンスがやってきたときには、それを独り占めしないこと。
「運のおすそ分け」ができる人には、もっと素晴らしい運がやってくる。

40.お金と男女関係のトラブルは、運気を落とす2大要因
はい。お金と男女関係のトラブルには注意しましょう。

41.どんな人にもある「心の闇」が運を落とす
自分ができないことを楽々とやっている(ように見える)人に対して、反感や妬みの感情が生まれるのは、人間の当然の心の動き。

 

第5章:最強の運を呼び込む

42.チャンスに出会わなかった人は、一人もいない
チャンスはどこにでも転がっている。
チャンスを見つけたり、時代の先を読む視力
人を引き付ける流行の臭いを嗅ぎつける嗅覚
そのチャンスをつかんでいいかどうかの直観力
そんな力をつけていると、チャンスがつかめるようになってくる。

43.自分の使命に気が付いたときは運は一瞬にして広がる
自分の才能が何かを見つけ、それを勇気をもって開発していく。
自分の才能というのを見つけて、自分が誰かを知った瞬間から、運が一気に広がっていく。
運を呼び込むためには、人生の目的を持つこと。自分の使命を知ること。

44.平凡な人生に「ノー」と言うことが強運への道
まず、平凡であることをあきらめる。
こわいけれど、とことん自分の可能性を追求するためには、平凡であることを拒否する。

45.人生はどれだけ愛し愛されたか、勇気があったかで決まる
人生の価値は、どれだけ愛したか、愛されたか、勇気をもって人生を生きたか、それが本当の価値になる。
後悔しない毎日を生きること。
勇気をもって、生きること。
勇気さえあれば、自分の夢は絶対に実現できる。
「お金を失っても、取り戻せばいい
名誉を失っても、信用回復に全力を尽くせばいい
でも、勇気を失ってしまったら、人生を失ってしまう」

46.雨は、一人だけに降り注ぐわけではない
「逆運に屈するなかれ、それに反対して更に大胆にすすめ」

47.限りある人生で、ワクワクすることだけをやろう
自分がワクワクして、他人もワクワクするようなことをする。
周りの人を疲弊させてしまうような、情熱のあるワクワクは、偽物。
心から、静かにワクワクして、やっていても疲れず、楽しいことをする

48.変えられるのは自分と未来しかない
「神様、私にお与えください。
変えられないものを受け入れる落ち着きを。
変えられるものを変える勇気を。
そして、その2つを見分ける賢さを。」

49.チャンスはピンチ、ピンチはチャンス
人生で幸せを感じられるかどうかは、自分次第

50.その人の祈りの強さに比例して運は強くなる
「運をもっとよくして、世界に貢献したい」
そう考えることができれば、信じられないような追い風が吹くはず。
夢が多くの人を幸せにするようなものであればあるほど、その応援の力は強くなる。
自分の利害を超えて生きられる人は、大運をつかむ。
自分と繋がっている誰かのために、祈りにも似た気持ちで心から奉仕したいと思う時、その人の運は一気に開きます。

51.最強の運を呼び込みカギは4つの言葉にある
運を良くするためには、本来の自分に戻ること。エネルギーが湧いてくる生き方をすること。
「ありがとう」は恵まれた状況を思い出すために
「ごめんなさい」は、つい自己中心的に考えて、相手を傷つけたときに
「ゆるしてください」は、自分のしたことに癒しをもたらすために
「愛しています」は、人生で縁ある大切な人に、愛を伝えるために

強運を呼び込むには、自分らしい人生を生き、才能を分かち合い、縁のある人と最高の時間を過ごすこと。

いい運を呼び込むためにできること
・人間関係を上手く保つ
・感情的に安定する
・環境をよく整える
・人間について理解する
・自分の運を振り返ってみる

 

参考文献

この記事は、以下の書籍から役立つ内容を抜粋したものです。

強運を呼び込む51の法則

本田健 大和書房 2013年01月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

 

 

お問い合わせは以下から

以下の画像をクリック!

SNSでシェア!

  • 1
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
    1
    シェア

人気記事一覧

-勉強関係

Copyright© 本名真言の希望ノート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.