心理学と医学で日々の生活を進化させるノート

本名真言の医学ノート

SNSでシェア!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

日記・雑記

181214自己分析

投稿日:2018年12月14日 更新日:

最近自分の行動目標が利益志向型になってしまっていたので、
それを状態を打開するために40分で書いた自己分析もどきです。

何となく公開しておきます。

181214 自己分析

自分にとって本当に大事なものは何なのか?

いつのまにか、自分にとって本当に大事なものを追及することを忘れて、目的志向型の目標ではなく、利益志向型の目標を立てていた。

それは、自分の執筆作品から利益を生み出そうとして行動した結果なのだろう。

本当に素晴らしい企業は、利益をないがしろにすることはないが、それ以上に、利益を介して社会的価値や個人的価値を最大化しようとする。

つまり利益はなくてはならないものだが、利益だけを追い求めてはいけない。

確かに何かを達成すれば、自分の人生は豊かになると多くの人が思っている。

特に、お金の面での成功を果たせば、必ず人生は豊かになると多くの人が思っている。

しかし、それが間違いであることは数々の心理学的研究で明らかにされており、その理由は、感情、他者との繋がり、関係性、などの要素をないがしろにする傾向が強くなるから。

さらに、お金の面での達成(=利益志向型目標)をしても、さらに多くのお金を稼がなければならない、という意識が生まれるため、結局焦りや不安が増えるばかりで、幸福にはならないことが分かっている。

これは名声など、自分の利益を追求した行動目標を立てたときにも起こることで、つまるところ、人は自分の利益だけを追及するようにはできていない。

他者の成長を助けて分も共に成長するという姿勢や、自己の意識や価値観を超えて、世界に新しい価値を生み出そうとする姿勢こそが、人が充実した人生を生きるために持つべき姿勢。

人は何か目的を追求するために生まれてきているといっても過言ではない。

過去の歴史を見てみても、組織や集団の結成には何かしらの目的ありきでなければならないことが分かる。

そして目的のない個人や集団はその存在する意義を失う。

存在していても、自分自身に苦痛を与えるだけの場になることが多い。

だからこそ、目的や目標というものは持たなければならない。

大事なのは目的を持つだけではなく、どのような目的を持つか、という目的設定の方。

自己を超えた利益を追求するのか、自己の利益のみを追及するのか、

そのどちらの目的を選択するかで、人生は大きく変わってくる。

選択すべきは、自己を超えた利益を追求する方。

そして、その目的の達成のために自己実現を最大化でき、社会に価値を生み出ことができる企業が存在する。

つまるところ、起業なんて手段に過ぎない。

起業したい、とか、そんな目的は一個人の自己利益の追求の果てでしかない。

それに起業なんて誰でもできるし。

要は、どうやって自分が提示する商品や情報の存在意義をできるだけ多くの人に伝えていくか、という問題。

さて、自分の行動目標は何なのか?

とにかく利益を上げることだろうか?

いや、それでは結局どこまでいっても不幸になるだけ。

できるだけ多くの人にポジティブになってもらうこと?
心理学や医学の知識の伝達により、多くの人々に幸せになってもらうこと?
生み出した利益を他人のために使うこと?

よく分からないので、コア・バリューを考えてみよう。

コア・バリュー

1.本当の優先順位は何か?

ー他人の人生を、他人の成功を助けること

2.何を人生において達成したいのか?

ー社会的価値・新たな世界の創造(曖昧か?)

3.どのように達成したいのか?

ー自律性、マスタリー、目的の定期的な確認による、行動設定に基づく行動

うん。

予想はしていたが、なかなか道は厳しそうだ。

特にマスタリーの追及が厳しい。

「自分が本当に好きなことを、たとえどんなに気乗りのしない日であってもやり続けること」

これが本当に難しい。

しかし、フロー体験はマスタリーの追及を支えることはすでに理解しているので、後はどうやってフロー体験を増やしていくかを考えるだけ。

時間帯の設定
課題の設定
目標の設定
フィードバック方法の確認
環境/人間関係の選択

などなど、考えるべき点は山ほどある。

そして道のりは険しい。

だからこそ、一歩一歩やっていくしかない。

本当に辛い。

弱音を吐きそうになる。

けれど、それをすべて受け入れることができるからこそ、

一人の人間は一人前になることがでこる。

自分を高める努力を、毎日コツコツできるようになる。

本当に少しづつでいい。

昨日よりも少しでも進歩すればそれでいい。

他人を巻き込み、自分をまきこむ。

それが今できる精一杯。

人生の創造的期間は10年間。

あと9年と少しを、どう過ごしたものか。

お問い合わせは以下から

以下の画像をクリック!

SNSでシェア!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

ストレスや不安を抱えている人へ

人気記事一覧

-日記・雑記

Copyright© 本名真言の医学ノート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.