SNSでシェア!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

メンタルヘルス

時間割引率とは?どれだけ今を重視して生きている?

投稿日:2018年12月23日 更新日:

こんにちは、本名です。

今回は、時間割引率という概念について説明していきます。

 

後程くわしく解説していきますが、時間割引率が高い人ほど現在を重要視し、将来に振り回されることなく意思決定を行うことができるとされています。

 

そして、時間割引率が低い人ほど、将来の余計な不安を抱えることなく、行動できるとされています。

ぜひ皆さんも自分の時間割引率を意識して、現在の行動を見直してみてください。

 

時間割引率とは?

時間割引率とは行動経済学で使われる概念で、将来の価値をどれだけ割り引いて意思決定を行うのか?という概念です。

 

例えば、以下の二つの選択肢が与えられたとします。

A.今すぐ10万円もらう

B.1年後に11万円もらう

あなたはどちらの選択肢を選びますか?

 

もしAの選択肢を選んだのだとすれば、あなたは1年に10%の利益を捨てて、今10万円もらうことを選択したのです。

この10%の数字のことを割引率と呼び、この割引率が高い人ほど現在を重視して生きている、ということが言えるわけです。

 

自分の割引率を知りたければ、1年後にもらえる金額を12万、13、…と増やしていって、どの金額で1年後にもらうことを選択するのか?を考えてください。

1年後に12万円でも今貰うことを選択したなら割引率は20%、

1年後に20万円でも今貰うことを選択したなら割引率は100%です。

 

時間割引率が高いと何が起こる?

では、自分の時間割引率を理解したところで、「時間割引率が高いとどうなののか?」を考えてみましょう。

 

実は時間割引率は現代人と、狩猟採集民族の間で大きな違いがあるとされています。

とある実験でピグミー族という狩猟採集民族の時間割引率を測定してみたところ、ピグミー族の時間割引率は、ロンドンの都会に住む若者よりも5倍も高かったことが明らかになっています。

つまり、狩猟採集民族であるピグミー族は、現代人よりも圧倒的に現在に重きを置いて生活しているのです。

 

この時間割引率の違いについて、研究チームは以下のように述べています。(1)

狩猟採集民族の世界では、必要なものを分け与えるルールが確立している。そのような状況では、大きな報酬を先まで待つことは逆に危険な行為となる。

狩猟採集民族の社会には、シェアリングシステム、小尤物を公平に分かち合う制度などの要素が多くみられる。これらの減少は、生きるのに必要な資源を手に入れるために生まれた、社会的な適応の産物だろう。平等を重んじるシステムを維持することで、狩猟採集民族は環境の変化に対応しているのだ。

 

もちろん、社会制度やシステムが根本的に異なる狩猟採集民族と現代人を比較することは難しいですが、狩猟採集民族は現代人よりも圧倒的に健康で、かつ精神的な不安やうつなども全く抱えていないことが明らかになっています。

詳しくは以下の記事を参考にして下さい。

パレオダイエットや進化医学の有効性を示す証拠まとめ

 

つまり、以下のような仮説を言うことができるわけです。

時間割引率についての一つの仮説

・時間割引率が高いほど、いまに集中して生きることができるため、不安に悩まされることなく、健康に生きることができる。

 

現代人は基本的に時間割引率が低く、それゆえ将来のことを常に考えて生きています。

しかし、そのような将来への思考こそが、現代生活の余計な心配や漠然とした不安を生み出しているのではないでしょうか?

 

将来のことを全く考えるな、とは言いませんが、将来のこと、今のこと、過去のこと、そのような3つの要素のバランスがしっかりとしているからこそ、私たちは心身ともに健康に生きることができるのではないでしょうか?

 

ではでは、本名真言(ほんみょう・まこと)でした。

時間割引率と心身の健康についての考察でした。

 

参考文献

(1)最高の体調 ACTIVE HEALTH

お問い合わせは以下から

以下の画像をクリック!

SNSでシェア!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

人気記事一覧

-メンタルヘルス

Copyright© 本名真言の希望ノート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.