SNSでシェア!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

ストレス対策 心理学 メンタルヘルス

つらいときに周りのひとをいたわる理由とは?思いやり・絆反応

投稿日:2018年7月26日 更新日:

私たちはつらい時やストレスを感じたときに、他の人との繋がりを求めたり、他人をいたわることがあります。

この反応は、ストレス反応に対する「思いやり・絆反応」と呼ばれています。

今回は、「思いやり・絆反応」というものを紹介していきます。

 

思いやり・絆反応とは?

私たちがストレスを感じたときには、「闘争・逃走反応(脅威反応)」「チャレンジ反応」「思いやり・絆反応」という三つの異なる反応をします。

 

闘争・逃走反応(脅威反応)

私たちが脅威にさらされたときに生存しようとして、体が活性化される反応です。生存本能と言い換えれば分かりやすいかもしれません。むかし人類が狩猟・採集をして森の中を歩いていたときに、熊などの命を脅かす獣にばったりと出会ったときに引き起こされる反応ですね。

 

チャレンジ反応

私たちが目の前のストレスに対処できると考えたときに、新しいことに挑戦をしたり、今までにない素晴らしいパフォーマンス発揮できる反応です。スポーツマンやパフォーマーが発揮することが多い反応です。

 

思いやり・絆反応

「思いやり・絆反応」とは、私たちがストレスを感じたときに思いやりを深め、他人との絆を深めようとする反応です。特に女性に顕著な反応で、ストレスを感じると、子供やパートナー、仲間など周りの人々をいたわることがあります。相手の話に耳をかたむけて、相手と共に時間を過ごし、精神的に支えるなど、積極的に他者との絆を深めようとする反応です。

私たちは災害やテロなどの衝撃的な事件に遭遇したときに、利他的な傾向が強くなることが分かっています。最近起こった大雨による洪水・浸水被害や911事件、ボストンマラソンでの爆弾テロなどの衝撃的な事件に遭遇した人々の多くが救助・支援活動を行ったことは有名な話です。これも「思いやり・絆反応」の結果なのです。

余談ですが、私の友達に学校の試験のできが悪かった時にツイッターのタイムラインを荒らす人がいます。その人は学校の試験ができなかったというストレスへの反応として、思いやり・絆反応を起こし、ツイッタ―上で他者との繋がりを求めているのかもしれません(笑)

私たちには性欲・食欲・睡眠欲など様々な欲求があります。そして私たちには「他者との繋がりや社会的帰属」をもとめる欲求が備わっています。その他者との繋がりを求める欲求が、ストレスによって活性化される。これが「思いやり・絆反応」なのです。ストレスという脅威に出会ったときに、他者と一丸となって脅威に立ち向かう。他者と行動を共にすることによって、恐怖を弱めて、希望を見出すための反応なのです。

では「思いやり・絆反応」によって、私たちの体にはどのような変化が訪れるのでしょうか?

 

「思いやり・絆反応」は脳の3つのシステムを活性化する

私たちがストレスを感じると、他者との繋がりを求めるホルモンであるオキシトシンが分泌されます。が、それは「思いやり・絆」反応の一部にすぎません。オキシトシンが分泌される以外にも、脳の3つのシステムが活性化されると言われています。脳の3つのシステムとは、「社会交流ケアシステム」「報酬システム(A3報酬系)」「調律システム」です。

社会交流ケアシステム

オキシトシンによって調整されるシステムです。このシステムが活性化すると、思いやりが強まり、他者との繋がりをもとめて、相手を信頼する気持ちが強くなります。また、恐怖の感情を押さえるシステムでもあります。

 

報酬システム(A3報酬系)

神経伝達物質であるドーパミンによって調節されるシステムです。この報酬系が活性化すると、やる気がでて、恐怖を押さえることができるようになります。また、ドーパミンによって体の行動が促進されるため、活発に活動することができるようになります。

 

調律システム

神経伝達物質であるセロトニンによって活性化されるシステムです。セロトニンは睡眠からの覚醒や集中力に関係している物質で、この調律システムが活性化されることによって、知覚・感覚・自制心・集中力が高まることが知られています。

 

つまり、私たちは「思いやり・絆反応」を起こした時には、思いやりが強まり、勇気がわき、頭の回転がはやくなり、賢明な行動がとれるようになるのです。

 

このようにストレスには良い反応を示すものがあります。皆さんもストレスを恐れることなく、ストレスと上手につきあっていくことを目指してみてください。

 

参考


スタンフォードのストレスを力に変える教科書

お問い合わせ

質問・相談・感想など何でも募集中!

お気軽にご相談ください。

SNSでシェア!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

人気記事一覧

-ストレス対策, 心理学, メンタルヘルス

Copyright© 本名真言の医学ノート , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.