SNSでシェア!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

心理学 読んだ本紹介

弟や妹がリスクをとる傾向にある理由~ライバル心と教育方法の違い~

投稿日:2018年7月6日 更新日:

こんにちはしゅゆです。

前回の記事では「弟や妹の方がリスクをとる傾向にある」という面白い事実を紹介しました。

今回はその理由を説明していきます。

アダム・グラントの著書「ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代 」によると、あと生まれの子がリスクをとる傾向にある理由としては2つの有力な説があるといわれています。

1つ目は兄弟に対して抱くライバル心の対処法に関するもの。

2つ目はあと生まれの子に対する親の育て方の違いに関するものです。

 

兄弟に対して抱くライバル心のの対処法の違いについて

一つ目の理由は「兄弟に対して抱くライバル心」です。

医師でもあり、心理学療法士でもあるアルフレッド・アドラーは、兄弟間での性格の違いについてある説を提唱しています。

アドラーによると、「第一子の子は一人っ子として育つため、初めは親との一体感を覚える。しかし、下に兄弟ができると“権力の座を奪われる”危機に陥り、親の真似をすることで状況に対処しようとする」そうです。

つまり、弟や妹にルールを守らせて自分の権力を振るうので、弟や妹が反抗的になるのです。

思えば私も小さい頃はよく兄にいじめられていました…(笑)

そして身体面や知能面で兄や姉と直接対峙することになる弟や妹は、身体や知能が関係しない方法で兄や姉に反抗します。兄や姉とは違う分野で活躍することを選んだり、独創性や反抗性を持つ芸術面で兄や姉に反抗しようとするのです。

その一つの例として、お笑い芸人があります。

お笑い芸人は反抗性や独創性が高いほど、成功しやすいと言われています。観客の予想を裏切るために独創的なネタを用意しなければなりませんし、社会に反抗するようなネタを使うことも必要だからです。また、お笑い芸人は人生において安定性を捨てなければなりませんよね。決して安定した職業とは言えないからです。

アダム・グラントは著書「ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代 」の中で、

「100人の独創的なお笑い芸人たちの出生順位を調べてみたところ、44人が末っ子で、第一子はたったの20人だった。兄弟がいる芸人が末っ子である可能性は、偶然の場合と比較して83%も高いことになる。」

と述べています。

このことから、弟や妹はすでに兄や姉に弁護士や医師などの社会的地位のある職業をとられてしまっているため、お笑い芸人などの社会的地位がないとみなされている職業につく確率が高いことが分かります。

 

以上のことから、「あと生まれの子は兄や姉から権力の行使を受けるので反抗的になり、兄や姉が活躍する分野とは違う分野で活躍しようとするために、独創性や反抗性が高く、リスクをとる傾向にある」という結論をだすことができます。

あと生まれの子は独創性などの個性をつかって、兄弟よりも目立とうとするのですね。

 

あと生まれの子に対する親の育て方の違いについて

第一子は親の面倒を直接うけるので、厳しいしつけをされることになります。家庭や社会でのルールや規律に接する機会があと生まれの子よりも多いのです。結果として規律や安定性を重視した大人の行動を見習うことになります。

しかしあと生まれの子は違います。親ではなく兄弟から面倒をみられることが多いので、社会のルールや規律から守ってもらえますし、兄弟の行動を見習うことになります。兄弟から甘やかされることが多くなるのです。

つまり、兄弟が多くなればなるほど下の子はルールや規則がゆるみ、兄や姉が親に見過ごしてもらえなかった行動をとることができるようになるのです。兄や姉から守られ、自主性や主体性、個性を尊重されるようになるのです。

結果として、あと生まれの子は社会のルールよりも個性や自主性を重視する子に育ち、リスクがあると思われている行動を取る傾向が強くなるのです。

 

このように、「兄弟に対して抱くライバル心の対処法」と「家庭内での育ち方の違い」によってあと生まれの子は個性を発揮し、リスクを負う傾向を持つのです。

 

皆さんは、第一子ですか?あと生まれの子ですか?

そしてあなたの性格は兄弟とは違いますか?

兄弟間で性格が違うという事実は、興味深いことなのでぜひ考えてみてください。

 

 

 

 

お問い合わせ

質問・相談・感想など何でも募集中!

お気軽にご相談ください。

SNSでシェア!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

人気記事一覧

-心理学, 読んだ本紹介

Copyright© 本名真言の医学ノート , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.