SNSでシェア!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

努力の仕方 ストレス対策 メンタルヘルス

正反対の2種類のストレス反応~脅威反応とチャレンジ反応~

投稿日:2018年7月25日 更新日:

皆さんはストレスについてどのような考え方を持っていますか?

むかしはストレスは体に有害であり、風邪、心臓病、うつ病、依存症などの様々な病気の原因が、ストレスを感じることにあると考えられていました。

しかし、最近のストレスに関する研究では、「ストレス反応には様々なものがあり、全てのストレスが悪いわけではなく、良い効果を与えるストレスも存在する」ことが明らかになっています。

今回は、良い効果を与えるものと、悪い効果を与えるもの、二つの正反対のストレス反応を紹介していきます。

良い効果を与えるストレス反応はチャレンジ反応とよばれ、悪い効果を与えるストレス反応は脅威反応とよばれています。

 

チャレンジ反応

チャレンジ反応は、運動競技やスピーチなどのプレッシャーがかかる状況で実力を発揮するために、体内の血流量が増加し、集中力が湧き、行動する力も湧いてくる反応です。

もう少し簡潔に言えば、チャレンジ反応は、自分の実力を最大限発揮するための反応です。

チャレンジ反応を起こすときには、ストレスを利用するべき機会だととらえているため、不安をあまり感じることなく、行動することができるのです。

 

脅威反応

脅威反応はチャレンジ反応とは正反対の反応です。目の前のストレスからどうにかして逃れようとして、行動することを避けて、自分の身を守ることを優先してしまう反応です。

この脅威反応は、プレッシャーにさらされたときに「闘争・逃走反応」というストレス反応が起こった時に生じます。闘争・逃走反応は、私たちが危険にさらされたときに血管を収縮させ、五感を研ぎ澄まし、目の前の危険に対処して逃げるための反応です。体内の交感神経系が活性化され、アドレナリンが分泌されることにより、非常に大きな力を発揮することができるという良い面もあるのですが、この闘争・逃走反応は主に逃げるために用いられます。結果として、目の前のストレスから逃げようとしてしまうという悪い面をもつ脅威反応になってしまうのです。

プレッシャーがかかるけれども、良いパフォーマンスを発揮しなければならないときにこの脅威反応が起こると、緊張して体はカチコチ、頭は真っ白になり、思ったような実力を発揮することができなくなってしまいます。

つまり、脅威反応が起きたときは、恐怖・怒り・自身のなさ・屈辱感にさいなまれてしまいます。自分の身を守るために、何か悪いことが起きないだろうかと神経を研ぎ澄ましているので、逆に疲れてしまったり、自分の実力を発揮できなくなってしまうのです。

 

では、チャレンジ反応のときに体に起こる反応と、脅威反応のときに体に起こる反応の違いは何なのでしょうか?そして、プレッシャーがかかる時にどうすれば脅威反応ではなく、チャレンジ反応を引き起こすことができるのでしょうか?

 

チャレンジ反応と脅威反応の違い

チャレンジ反応も、脅威反応も、目の前のストレスに対処するために行動する準備をしているという点では変わりません。しかし、脅威反応のときは、体は物理的な危険を予測しています。

チャレンジ反応を起こしているときは、目の前のストレスに対して危険を予測しているわけではありません。目の前のストレスにきちんと対処できると考えているために、多少の不安を感じたとしても、力が湧き、やる気や自身が満ちてくるのです。

つまり二つのストレス反応の違いは、目の前のストレスを脅威とみなしているのか、それとも対処できるものだと思っているのか、の違いによって生まれるのです。ストレスを脅威や危険だと感じてしまうと、身を守るために脅威反応を起こします。しかし、ストレスを対処できるものだと感じると、私たちはチャレンジ反応を起こすことができるのです。

 

また、この脅威反応とチャレンジ反応の違いは、体内に分泌されるストレスホルモンの種類にも表れます。

私たちがストレスを感じたときに分泌さされるホルモンはアドレナリンやコルチゾール、DHEA(デヒドロエピアンドロステロン)など様々なものがあるのですが、注目すべきホルモンはDHEAです。

脅威反応を起こしているときと、チャレンジ反応を起こしているときの唾液から分泌されているホルモンを調べて比較すると、チャレンジ反応を起こしている時のほうが、DHEAが多く分泌されていることがわかっています。

DHEAの正式名称はデヒドロエピアンドロステロンで、男性ホルモンの一種です。若返りや老化をおさえるホルモンとして注目を浴びているホルモンですね。DHEAの分泌・摂取量が増えると、不安症・うつ病・心臓病・神経変性疾患などの多くの病気のリスクが低下することがわかっています。

また、このDHEAは脳の成長を助けるホルモンでもあります。そのため、過度なストレスを感じたとしても、そのストレスから立ち直ることを早めてくれるホルモンでもあります。

そして、脅威反応ではなく、チャレンジ反応を起こしやすい人は、老化が緩やかで、血管年齢が若く、脳の健康状態も優れているため、歳をとっても脳が委縮しにくいことが「フラミンガム心臓研究」というものからわかっています。

 

チャレンジ反応を引き起こすためにはどうすればよいのか?

ストレスを脅威や危険だと感じてしまうと、身を守るために脅威反応を起こします。しかし、ストレスを対処できるものだと感じると、チャレンジ反応を起こすのです。

つまり、チャレンジ反応を起こすためには、「プレッシャーやストレスに対処できるという自信を持つ」ことをすればよいことが分かります。

しかし、現実にはプレッシャーがかかっている状況で、そのプレッシャーに対処できる自信をもつことはなかなか難しいことですよね。

ではどうすればよいのでしょうか?

個人的にオススメなのは、自分の強みをきちんと把握しておくことです。

以前紹介したVIA強みテストや、ストレングス・ファインダーなどの強みを把握するツールを使って、自分の強みを最低でも5つは把握しておくとよいです。自分の強みをきちんと把握しておいて、その強みを生かせる場面ではどんどん活かしていくのです。

そうすることによって、現状に対処できるという自信が生まれますし、ストレス対処も上手くなっていくのです。

しかし、私たちは自分の強みをすぐに忘れてしまう生き物なので、紙や付箋に自分の強みを書いて貼っておくことをお勧めします。

じっさい、ロチェスター大学のストレス研究者であるジェレミー・ジェイミソンによると、人々はストレスを感じたときに、自分の能力などの、本来ストレスに対処するために利用できるものを忘れてしまう傾向にあることがわかっています。

 

ぜひ皆さんもここで紹介した知識をいかして、ストレスに上手に対処できるようになってください。

ストレスに上手く対処して、プレッシャーをチャレンジするための力に変えることができれば、私たちの人生は大きく変わってきます。

 

参考


スタンフォードのストレスを力に変える教科書

フラミンガム心臓研究

 

お問い合わせ

質問・相談・感想など何でも募集中!

お気軽にご相談ください。

SNSでシェア!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

人気記事一覧

-努力の仕方, ストレス対策, メンタルヘルス

Copyright© 本名真言の医学ノート , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.