SNSでシェア!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

ストレス対策 メンタルヘルス

ストレス反応には三種類のポジティブなものがある

投稿日:2018年7月24日 更新日:

皆さんはストレスを感じたことがありますか?

ほとんどの人が感じたことがありますよね(笑)

言うまでもありませんが、仕事の締め切りやプレゼン、学校の課題や友人関係などで、私たちは毎日多くのストレスを感じているのです。

「ストレスは健康に悪いと思うと、実際に不健康になる」という記事で説明しましたが、ストレスの対処法として、ストレスをできるだけ避けようとすることは大きな間違いです。

その証拠に、アメリカの3万人を対象にした8年間の追跡調査によると、ストレスは体に悪いと思い、ストレスを避けようとすればするほど、死亡リスクが43%も上昇することがわかっています。

つまり私たちはストレスを避けようとしてはいけないのです。ストレスを避けるのではなく、ストレスにどのように対処するかが非常に重要になってくるのです。

そのために、まずはストレスに対する考え方を変えることから始めましょう。

 

ストレスについてのマインドセット介入

全てのストレスが悪いのではなく、ストレスの中には私たちにプラスの効果を与えてくれるものがあることを知るだけで、私たちの体に分泌されるホルモンに違いが出て、健康状態や幸福感が上昇し、成功する確率まで上昇するという驚きの事実がわかっています。

この「ものごとに対する考え方を変える」ことを科学の分野では「マインドセット介入」と呼びます。

マインドセットとは、私たちの「心のありかた」のことで、「ものごとに対する考え方やとらえ方」のことを言います。そして、マインドセットが変わるだけで、私たちの体には大きな変化が起こり、とる行動までも大きく変わることが分かっており、このマインドセットを専門に研究する分野が新しく登場するなど、現在多くの注目を浴びている分野です。

マインドセット介入の面白いところは、本人が自分の思考や考え方が変わったと実感しなくても、明らかにポジティブな効果が実証されているという点です。

つまり、ストレスに対する考え方の場合、「ストレスには良い効果を与えてくれるものがある」と知るだけで、ポジティブな効果が得られるのです。

というわけで今回はストレスに対する私たちの典型的な3つの反応を簡単に紹介していきます。

3つの反応とは「闘争・逃走反応」「チャレンジ反応」「思いやり・絆反応」です。

 

ストレスの3つの反応

闘争・逃走反応

闘争・逃走反応とは、脅威となる大きなストレスを感じたときに、目の前の脅威に対処しようとする反応のことをいいます。交感神経系が活性化され、アドレナリンやエンドルフィンなどの脳内化学物質が分泌されて、体が危険に対処できるようになる反応です。危険に対処するために、五感が研ぎ澄まされて、注意力が向上し、心拍数が上昇します。このストレス反応は「火事場の馬鹿力」のことわざの通りに、本人でも不思議なくらいの大きなエネルギーを引き起こします。

 

チャレンジ反応

チャレンジ反応は、ストレスを感じるけれども、身に迫った危険を感じるわけではないという時に生じるストレス反応です。アドレナリンが急増して、やる気やモチベーションが向上するため、色々なことにチャレンジできるようになる反応です。アスリートやパフォーマンスを行う人がプレッシャーのもとで素晴らしいパフォーマンスを発揮できるのは、このチャレンジ反応のおかげなのです。

 

思いやり・絆反応

思いやり・絆反応は上の二つの反応のように、ストレスによって力が湧いてくるような反応ではありません。ストレスを感じたときに他人や社会との繋がりを求めようとする反応です。「愛の分子」や「抱擁ホルモン」と呼ばれるオキシトシンというホルモンが分泌されるために、人とのつながりを求めることが多くなり、相手を思いやることができるようになるのです。

 

簡単に3つの反応を紹介しましたが、どの反応もポジティブな効果があることが分かりますよね。

もちろん、この3つだけの反応が、ストレス反応の全てではありませんが、ストレスの中にはこのようにポジティブな効果をもたらすものもあるのです。

明日以降の記事では、この3つのストレス反応について詳しく解説していきます。

 

参考


スタンフォードのストレスを力に変える教科書

 

お問い合わせ

質問・相談・感想など何でも募集中!

お気軽にご相談ください。

SNSでシェア!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

人気記事一覧

-ストレス対策, メンタルヘルス

Copyright© 本名真言の医学ノート , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。