SNSでシェア!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

ストレス対策 メンタルヘルス

ストレスレベルを測定できる簡易テスト「PSS4」

投稿日:2018年8月28日 更新日:

「PSS4」は自分のストレスにどれだけ気づいているかを測定するために開発されたテストです。

1983年にアメリカのオレゴン大学の研究によって開発されました。

このテストはストレス研究の分野では定番のテストで、このテストの数値が悪いほど禁煙し失敗したり、風邪をひきやすくなったり、うつ病に悩まされたりする確率が高いことが分かっています。(1)

本来なら14の質問に答えるテストなのですが、近年の研究では、たった4つの質問に答えるだけで、かなりの確率で十分に自分のストレスを把握することができるそうです。

たった4つの質問に答えるテストなので、皆さんもお気軽に試してみてください。

 

PSS4とは?

「PSS4」とは、「Perceived Stress Scale- 4」の略で、以下の4つの質問に答えます。

解答方法は、一度もない、ほとんどない、時々ある、よくある、とてもよくある、の5つで答えてください。

 

「PSS4」

1.この一か月間で、人生における重要な問題をコントロールすることができないと、どの程度感じましたか?

2.この一か月間で、個人的な問題をうまく処理する能力があると、どの程度感じましたか?

3.この一か月間で、人生がうまく進んでいると、どの程度感じましたか?

4.この一か月間で、困難が山積みになって乗り越えることが難しいと、どの程度感じましたか?

採点方法

質問1と4

0=一度もない

1=ほとんどない

2=時々ある

3=よくある

4=とてもよくある

質問2と3

4=一度もない

3=ほとんどない

2=時々ある

1=よくある

0=とてもよくある

上記のスコアの合計点を測定する。合計点が16に近いほどストレス度は高いと考えられる。

 

参考

(1)Cohen, S., Kamarck, T., Mermelstein, R. (1983). A global measure of perceived stress.


超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド

 

お問い合わせ

質問・相談・感想など何でも募集中!

お気軽にご相談ください。

SNSでシェア!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

人気記事一覧

-ストレス対策, メンタルヘルス

Copyright© 本名真言の医学ノート , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.