SNSでシェア!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

塾の利用方法

塾の利用方法:塾を使って成績を上げる方法

投稿日:

今回は塾の利用方法について書いていきます。

 

「塾に通っているのに成績が上がらない」

 

「塾に通うことがしんどい」

 

という人は絶対にいると思います。

 

今回はそんな塾に関する悩みを持っている人向けの記事です。

 

塾に通っている人や親は必見の内容になってますので、ぜひご覧ください。

 

1.塾のカリキュラムについて

 

まず大前提として、塾は基本的に賢い人向けになっています。

 

塾のカリキュラムにきちんとついていくことができればよいのですが、

 

まずその塾のカリキュラムをこなすことが難しいです。

 

塾の宿題が多かったり、毎週塾のテストがあったりして勉強の量が多く、ついていくことが大変なのです。

 

さらに学校の宿題もあるので、塾の宿題をどうしてもこなせないこともよくあります。

 

そして、クラス分けで授業の難易度を調整している塾もありますが、

 

基本的には塾のカリキュラムについていくことができる人だけが塾に通って成績を伸ばすことができます。

 

塾の難しいカリキュラムについていくことができない人は、

 

塾に通っても落ちこぼれてしまうだけです。

 

2.塾のカリキュラムにも無駄がある?

 

塾のカリキュラムには問題はないのでしょうか?

 

基本的にはどの塾も素晴らしいカリキュラムを設定しているのですが、

 

やはり問題があると思います。

 

それは個人個人によって得意・不得意分野が違うということです。

 

例えば数学なら微分・積分の計算が得意な人もいれば、数列が得意な人もいます。

 

しかし、塾のカリキュラムではすべての生徒を均等に扱ってしまうのです。

 

つまり、微分・積分が得意な人も微分・積分の基礎から勉強をしなければなりませんし、

 

数列が得意な人も数列を基礎から勉強しなければなりません。

 

得意な分野をわざわざ基礎からやり直すことは基本的には無駄です。

 

塾のカリキュラムに沿って勉強していると無駄な勉強をしていた、ということになるのです。

 

3.塾に通うことに意味はあるのか?

 

塾に通う意味はあるのでしょうか?

 

結論から言えば、人によります。

 

塾に通って、塾のカリキュラムについていくことができる人は塾に通う意味があるでしょう。

 

しかし、人によっては全く無駄になってしまうどころか負担になってしまうこともあります。

 

塾の宿題をこなすことに必死になってしまって、

 

学校の勉強がおろそかになってしまうことがあるのです。

 

学校の勉強と塾の勉強をどちらも頑張ろうとして

 

勉強がどっちつかずの中途半端になってしまうこともあります。

 

「塾に通うことは無駄ではないけれど、無駄になることが多い」というのが僕の結論です。

 

個人個人で勉強計画をたてて勉強することが一番無駄なく勉強できると思います。

 

以上です、塾の利用方法について簡単に書いてみました。

 

質問・相談のある方は下の質問フォームかLineで質問をお願いします。

 

しゅゆ

お問い合わせ

質問・相談・感想など何でも募集中!

お気軽にご相談ください。

SNSでシェア!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

人気記事一覧

-塾の利用方法

Copyright© 本名真言の医学ノート , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.