SNSでシェア!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

リスニング対策

リスニング対策:「Charlie Chaplin(チャーリー・チャップリン)」による伝説的スピーチ

投稿日:2018年5月5日 更新日:

今回もリスニング対策に役立つ英語のスピーチを紹介していきます。

 

今回は「Charlie Chaplin(チャーリー・チャップリン)」によるスピーチです。

 

チャーリー・チャップリンは数々のコメディ映画を作り上げ「喜劇王」とうたわれた映画監督です。

 

彼は映画監督であり映画俳優でもありました。そして

 

1940年に公開された映画「The Great Dictator (独裁者)」において伝説的なスピーチを行いました。

 

そのスピーチは「The Final Speech from The Great Dictator」と呼ばれています。

 

1.スピーチ動画

 

BGMなしとBGMありの二つのバージョンの動画を紹介しますが、

個人的にはBGMありをオススメします。

 

・BGMなしバージョン

・BGMありバージョン

全英文&動画(外部サイトです)

 

2.スピーチの解説・ポイント

 

<スピーチの解説>

 

このスピーチを理解するためには、「独裁者」の映画をや時代背景を理解する必要があります。

 

wikipediaによる説明は、

 

チャップリンが、当時のドイツ国の指導者で、オーストリア併合やポーランド侵攻、ユダヤ人虐待などを行ったアドルフ・ヒトラーの独裁政治を批判した作品で、近隣諸国に対する軍事侵略を進めるヒトラーとファシズムに対して非常に大胆に非難と風刺をしつつ、ヨーロッパにおけるユダヤ人の苦況をコミカルながらも生々しく描いている。                         (wikipedia「独裁者」)

 

とこのように書かれています。

 

映画が公開された1940年は第二次世界大戦がすでに始まっている時代です。

 

この「独裁者」という作品は、1940年当時にヨーロッパで猛威を振るっていたドイツ第三帝国(ナチス・ドイツ)のアドルフ・ヒトラーによるファシズムというイデオロギーへの強烈な風刺を描いている作品です。

 

この映画では最後の場面で、チャップリンがヒトラー役と入れ替わってヒューマニズム(人間性)に基づいたスピーチを行います。当時のファシズムによる合理性や機械性を否定する一世一代のスピーチです。

 

そしてこのスピーチは映画や喜劇の枠を超えて多くの人々に愛されるものとなったのです。

 

<ポイント>

 

✓人間性の重要性(他人への愛や優しさの重要性)

 

✓どんな状況にあっても絶望してはならない

 

✓私たちには幸せを作り出す力がある。

 

<スクリプト(重要な部分は赤字で示します。以下引用)>

 

I’m sorry, but I don’t want to be an emperor. That’s not my business. I don’t want to rule or conquer anyone. I should like to help everyone - if possible - Jew, Gentile - black man - white. We all want to help one another. Human beings are like that. We want to live by each other’s happiness - not by each other’s misery. We don’t want to hate and despise one another. In this world there is room for everyone. And the good earth is rich and can provide for everyone. The way of life can be free and beautiful, but we have lost the way.

 

Greed has poisoned men’s souls, has barricaded the world with hate, has goose-stepped us into misery and bloodshed. We have developed speed, but we have shut ourselves in. Machinery that gives abundance has left us in want. Our knowledge has made us cynical. Our cleverness, hard and unkind. We think too much and feel too little. More than machinery we need humanity. More than cleverness we need kindness and gentleness. Without these qualities, life will be violent and all will be lost….

 

The aeroplane and the radio have brought us closer together. The very nature of these inventions cries out for the goodness in men - cries out for universal brotherhood - for the unity of us all. Even now my voice is reaching millions throughout the world - millions of despairing men, women, and little children - victims of a system that makes men torture and imprison innocent people.

 

To those who can hear me, I say - do not despair. The misery that is now upon us is but the passing of greed - the bitterness of men who fear the way of human progress. The hate of men will pass, and dictators die, and the power they took from the people will return to the people. And so long as men die, liberty will never perish. …..

 

Soldiers! don’t give yourselves to brutes - men who despise you - enslave you - who regiment your lives - tell you what to do - what to think and what to feel! Who drill you - diet you - treat you like cattle, use you as cannon fodder. Don’t give yourselves to these unnatural men - machine men with machine minds and machine hearts! You are not machines! You are not cattle! You are men! You have the love of humanity in your hearts! You don’t hate! Only the unloved hate - the unloved and the unnatural! Soldiers! Don’t fight for slavery! Fight for liberty!

 

In the 17th Chapter of St Luke it is written: “the Kingdom of God is within man” - not one man nor a group of men, but in all men! In you! You, the people have the power - the power to create machines. The power to create happiness! You, the people, have the power to make this life free and beautiful, to make this life a wonderful adventure.

 

Then - in the name of democracy - let us use that power - let us all unite. Let us fight for a new world - a decent world that will give men a chance to work - that will give youth a future and old age a security. By the promise of these things, brutes have risen to power. But they lie! They do not fulfil that promise. They never will!

 

Dictators free themselves but they enslave the people! Now let us fight to fulfil that promise! Let us fight to free the world - to do away with national barriers - to do away with greed, with hate and intolerance. Let us fight for a world of reason, a world where science and progress will lead to all men’s happiness. Soldiers! in the name of democracy, let us all unite!

 

3.スピーチの個人的感想

 

実は僕は高校時代にこのスピーチを全て覚えていました。すべて暗唱できるようにしました。

 

それほどこのスピーチが気に入ったのです。本当に大好きなスピーチです。

 

ポイントの部分を見ればわかるように、

 

このスピーチでは「人間性の重要性」、つまり欲望や嫌悪を捨てる重要性や

人を愛する重要性を訴えています。

 

このスピーチで最も重要な文を選べと言われたら、僕はこの文章を選びます。

 

We want to live by each other’s happiness - not by each other’s misery.

We don’t want to hate and despise one another.

 

意訳:私たちは戦争など多くの争いごとをしているが、本当は他人と争うことなどしたくないのだ。私たちはみなお互いの幸福を目指して生きているのだ。他人の不幸なんて見たくない。他人を憎みたくないし、けなしたくもないのだ。人間性という人を愛する力こそが私たちの本性なのだ。

 

以上です。

 

皆さんもぜひこのスピーチを通じて「人間性」というものについて考えてみてください。

 

お問い合わせ

質問・相談・感想など何でも募集中!

お気軽にご相談ください。

SNSでシェア!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

人気記事一覧

-リスニング対策

Copyright© 本名真言の医学ノート , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.