SNSでシェア!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

人間関係のコツ

受験期の人間関係の悩みとその対処法~円滑な人間関係の築き方~

投稿日:

 

人間関係の悩みや問題は基本的に無駄です。

 

なぜなら、他人に変わることを期待しても意味が無いからです。

 

他人に変わることを期待して、その他人との関係性で悩むくらいであれば、

悩むことをやめてさっさと自分が変わるための行動をとったほうが合理的です。

 

僕は基本的に人間関係の悩みを持つということをしません。

 

悩むだけ無駄であることが多いからです。

 

男性と女性では生きるうえで重要なことも違い、

 

人間関係での対処法も違います。

 

男性は成果と報酬の世界に生きる傾向にありますが、

 

女性は人間関係の世界で生きる傾向にあります。

 

ですが、男女共通の人間関係における対処法は必ず存在するはずです。

 

今回は僕が人間関係の悩みに対処する際に意識することを書いてみます。

 

ぜひ人間関係の悩みに対処するときに参考にしてください。

 

1.他人に変化を期待しても期待しても意味がない

 

これは一度「インサイド・アウト」の記事で解説したことです。

 

他人や周囲の環境に変化を期待しても意味がありません。

 

なぜなら他人や周囲の環境はめったに変わらないからです。

 

人間関係で問題が起きたとき、その人間関係の問題の原因を相手に求めるのではなく、

 

問題の原因は自分にあるのだと考えるのです。

 

人間関係の問題を解決するためには、

 

まず自分が行動して変わらなければならないと考えるのです。

 

そうすることで他人に対する悪口・不平・不満を言わなくなりますし、

 

人間関係の悩みというものが自然と減っていくはずです。

 

2.人間関係の構築のコツは信頼残高を意識すること

 

人間関係の円満な構築のコツは信頼残高を意識することです。

 

信頼残高とは信頼の度合いを銀行口座でたとえたものです。

 

礼儀正しい行動や新設・誠実な行動をとれば信頼残高は増えていき、

 

逆に失礼な行動や信頼を損ねるような行動をすれば、信頼残高は減っていきます。

 

信頼というものをお金のように銀行に預けたり、引き出したりできるものだと考えるのです。

 

人間関係においてこの信頼残高を意識すれば、

 

自然と周囲の人々と信頼関係を築くことができますし、

 

頼りにされることも多くなります。

 

そして面倒な人間関係の悩みもなくなるのです。

 

3.人が怒るのは信頼を裏切られたと感じたとき。

 

これはすべての人間に共通して言えることですが、

 

人は信頼を裏切られた・信頼を裏切られたと感じたときに怒るのです。

 

あなたに対して憤りを覚えるのです。

 

人間関係の問題を起こさないためには、

 

「信頼を裏切らない」という原則を意識する必要があります。

 

つまり、信頼残高を減らさないという意識を持つのです。

 

人間関係の構築の際は、常に信頼残高を増やすことを考えてください。

 

信頼残高を減らすことは絶対に避けてください。

 

信頼の構築には時間がかかりますが、

 

信頼が崩れ去るときは決まって些細な理由であることが多いです。

 

簡単に苦労して築き上げた信頼関係は崩れ去ることを意識してください。

 

4.ストレスを感じる人間関係は保持しない

 

ストレスを感じる人間関係は積極的に保持しようとしないでください。

 

相手のことを思って、自分の思いをはっきり伝えることも重要なことです。

 

人とお別れすることも重要な考え方です。

 

自分にストレスをかけるような人間関係を構築しない、

 

そしてもしストレスを感じる人間関係をもってしまった場合は、

 

その人間関係を放棄するということも考えてください。

 

5.理解してから理解される

 

これは「7つの習慣」の第5の習慣です。

 

他人は理解されたと感じるまであなたのことを理解しません。

 

自分の意見や思いを他人に伝えるときに、

 

一方的に自分の思いや意見を伝えるとどうしても伝えた相手から反発を受けることがあります。

 

そんなときはこの「理解してから理解される」という言葉を思い出してください。

 

何か意見を伝える時は、まず相手の意見や思っていることを理解することが重要です。

 

そして「相手の意見や思想を理解している」ということを口に出して相手に伝えるのです。

 

相手が思っていることをあなたの口から代弁してあげるのです。

 

そうすることで相手は自分が理解されていると感じ、

 

あなたの意見を素直に聞くようになります。

 

あなたの意見を反発せずに素直に受け入れるようになるのです。

 

他人に自分の意見を伝えるときは、

 

必ず「私はあなたのことを理解している」ということを口に出して相手に伝えるようにしてください。

 

そうすることで他人から反発をうけることが少なくなります。

 

6.人間関係の悩みは自分の目標とは関係のないことだと割り切る

 

人間関係の悩みは自分の目標とは全く関係のないことだと考えて無視することも

対処法の一つです。

 

これはエッセンシャル思考の一つなのですが、

 

自分が抱えている人間関係の問題を解決することは、

 

自分の現在の目標とは関係のないことなので解決をあきらめて無視するのです。

 

無視できると割り切るのです。

 

受験合格を目標として努力しているのであれば、

 

今現在かかえている人間関係の悩みは自分の受験合格とは関係のないことだと割り切るのです。

 

僕は研究室で研究をしており、ほぼ勤務をしているような状態です。

 

そのおかげで職場における悩みはそのほとんどが人間関係の悩みであることを知っています。

 

ですが、職場で人間関係に悩むことは研究で成果をだすことと関係が無いのです。

 

関係がないから職場、つまり研究室での人間関係の悩みはほとんどを無視するようにしています。

 

もちろん、人間関係で面倒なことが起こらないように努力はしているのですが、

 

どうしても人間関係の問題が発生してしまったときは、

 

その問題の解決に全力を注ぐことはしないのです。

 

このように人間関係の問題は自身とは関係がないと割り切ることも重要な対処法の一つです。

 

お問い合わせ

質問・相談・感想など何でも募集中!

お気軽にご相談ください。

SNSでシェア!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

人気記事一覧

-人間関係のコツ

Copyright© 本名真言の医学ノート , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.