SNSでシェア!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

勉強方法

集中できないときの対処法

投稿日:2018年4月2日 更新日:

いざ勉強しようと思って、机に座ったのに、勉強できない。

そんなときの対処法を僕の経験からまとめてみました。

 

 

1.音楽は歌詞が入っていないものを聞く。

 

人が視覚と聴覚どちらから入ってくる情報を優先しているか、知っていますか?

 

実は聴覚からはいってくる情報を優先しているのです。

 

歌詞が入った音楽を聞いていると、勉強した内容が頭になかなか入ってきません。

 

結果、集中できないということになってしまいます。

音楽を聞くときは、歌詞が入っていないクラシックなどを聞くようにしましょう。

 

(EDMとかでも全然いいです。)

 

2.音楽をずっと聞き続けない。

 

一度集中できたら、音楽を聞かずに勉強してみましょう。

 

音楽をきかずに勉強することが最も効率の良い勉強方法です。

 

耳から勉強と関係がない情報が入ってしまうと、

どうしても集中力を奪うことがあるからです。

 

また、音楽を聞くことをやめて、音読をすると、

話す・聞くの二つの行動をすることができるため、

覚えやすくなります。

 

お勧めは、音楽プレーヤーの設定で、

リピートしないようにすることです。

 

リピートしない設定で勉強すると、

気が付いたら音楽が流れていないため、

自然と集中できます。

 

3.睡眠をとる・仮眠をとる

 

睡眠は脳の活性化に非常に重要です。

 

睡眠時間としては、6時間以上をとるようにしてください。

睡眠時間が6時間を切ると、眠い、と感じてしまいますので、

 

7時間は寝るようにしましょう。

 

もちろん睡眠時間には、個人差があるので、

7時間前後で自分に適した睡眠時間を探してみてください。

 

また仮眠をとることは非常に重要です

 

15分机に突っ伏して仮眠するだけで、

かなり集中できるようになります。

 

仮眠をとるときのポイントは、

 

・横になって寝ないこと

 

・15~20分だけ寝ること

 

です。

 

ベットなどで横になってで寝てしまうと途中で起きることができずに、

睡眠を多くとりすぎて逆に頭が回らなくなってしまうので、

注意してください。

 

仮眠時間としては、15分くらいにしてください。

経験として、30分寝てしまうと逆に眠くなります。

 

4.スマホなどの自分の集中を途切れさせてしまうものは、机の上に置かない。

 

スマホを机の上に置いておいておくと、

通知が来た時などについつい触ってしまいますよね。

 

そのままネットサーフィンをしてしまったりするので、

携帯は机の上に置かず、ズボンにも入れずに

鞄に入れて勉強するようにしましょう。

 

また、自宅に勉強机があるのならば、

机の上をできるだけきれいにして、

 

勉強と関係ないものは視界にはいらないようにしましょう

 

5.とりあえず筆記用具をもつ

 

とりあえず筆記用具を持つ

 

という行動は意外と効果を発揮します。

 

とりあえず筆記用具をもって、

書くことを意識して勉強していると、

いつの間にか集中できていた、

 

という経験がよくありました。

 

勉強するときは、とりあえず筆記用具を持ってみましょう。

 

6.周囲の環境を変えてみる

 

自宅で勉強できないなら、

図書館に行ったり、

カフェに行ったりして

 

環境を変えて勉強してみましょう。

 

周りが勉強している環境なら、自然と勉強がはかどります。

 

7.集中できる時間には限界があることを認識する

 

ずっと集中できたらいいですが、

人間の脳はずっと集中できるようには作られていません。

 

45~50分勉強して、10~15分休憩する

 

という行動を意識してやってみましょう。

 

 

以上集中できない時の対処法をまとめてみました。

 

紹介したことをぜひやってみてください。

 

 

お問い合わせ

質問・相談・感想など何でも募集中!

お気軽にご相談ください。

SNSでシェア!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

人気記事一覧

-勉強方法

Copyright© 本名真言の医学ノート , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.