SNSでシェア!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

モチベーション管理

モチベーションを上げる・維持する方法

投稿日:2018年5月20日 更新日:

勉強のモチベーションが上がらない…

 

勉強のモチベーションが維持できない…

 

そんな悩みをもっていませんか?

 

今回はモチベーションを維持する方法について解説していきます。

 

モチベーション維持のためのキーワードは

 

「忘れない」「自分を許す」「ストロークをかけ続ける」です。

 

キーワードごとに解説していきます。

1.目標を忘れない

目標や夢を達成できないのは、夢や目標を忘れてしまうからです。

 

夢や目標を忘れてしまうからモチベーションが維持できずに、

 

努力することができなくなってしまうのです。

 

なのでモチベーションを維持する最も簡単な方法は、

 

夢・目標を忘れないようにすることです。

 

強制的に目標・夢を意識する回数を増やしてあげることが重要です。

 

そして夢・目標を意識するときは、できるだけ具体的なイメージを持ち、

 

夢・目標達成している自分を想像できる画像や動画を使うことが重要になってきます。

 

文字だけでは、インパクトが低く、

 

モチベーションの維持につながらないことが多いからです。

 

以上のことから、モチベーションを維持する具体的な方法としては、

 

「スマホの待ち受けを志望校の画像・ロゴなどにする」

 

「自室の壁に目標とする大学の写真や理想の生活を送っている自分がイメージできる写真を張る」

 

「ベットのそばに夢ノートを置いて、毎日寝る前に夢・目標を意識する」

 

など強制的に夢・目標の達成を強く意識することが効果的です。

 

2.自分を許す

二つ目のポイントは、自分を許してあげることです。

 

この自分を許してあげる行為は、完璧主義をやめることと同じことです。

 

(完璧主義をやめることについてはこちらの記事を参考に)

 

多少努力をできない日があってもいい。

 

毎日努力ができればいい。

 

毎日すこしでも前進できればいい。

 

このような発想をもてることがモチベーションの維持につながります。

 

また「絶対大学合格!」ではなく(この記事参照

 

「大丈夫。お前はきっと進み続ける」

 

などの言葉を使うことで、毎日努力をしていることを積極的に肯定することが必要です。

 

毎日少しでも努力をしている人が絶対に受験において成功することができるので、

 

自分を信じて、自分を許して毎日努力するようにしてください。

 

また、「大丈夫。お前はきっと進み続ける」という言葉は本当に効果があるので、

 

ぜひ紙に書いて壁に貼るなどつねに目が届く場所に置くようにしてください。

 

3.小さなストロークをかけ続ける

「ストローク」とは、水泳の腕のひとかきのことです。

 

小さくてもよいから、常に自分にストロークをかけて前進し続けることが重要です。

 

毎日かならず目標達成のための努力をするのです。

 

毎日努力をし続けなければならない理由は、

 

モチベーションは行動によってもたらされるものだからです。

 

モチベーションがあるから行動できることもありますが、

 

ほとんどの場合は毎日行動することによって、

 

自分の行動に自信ができ、モチベーションを維持することができるのです。

 

自分の行動に自信がなければ、行動することも、

 

モチベーションを維持することもできませんよね。

 

以上です。

 

結論としては、

 

目標を忘れずに、自分を許して、小さなストロークをかけ続けることができれば、

 

モチベーションの維持ができるようになりますし、

 

受験などの大きな目標を達成するために行動できるようになるということです。

 

お問い合わせ

質問・相談・感想など何でも募集中!

お気軽にご相談ください。

SNSでシェア!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

人気記事一覧

-モチベーション管理

Copyright© 本名真言の医学ノート , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.