SNSでシェア!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

心理学 人間関係のコツ

浮気をする人は刺激を強く求める傾向にある?刺激を求めやすいか判断するテストや浮気をしやすい人の特徴を解説

投稿日:

楽観的な人は総じて人生を楽しむために刺激を強く求める傾向にある、ということが分かっているので、紹介しておきます。また、刺激を強く求める傾向にある人は浮気をしやすいのではないか、と思ったので、浮気を見抜くコツについても触れていきます。

 

楽観的な人ほど、刺激追及度が高い

エセックス大学が行った研究で、被験者に楽観度を測るためのテストである「LOT-R(改訂版楽観尺度)」というものを受けてもらった後で、その人が刺激を強く求める傾向にあるかどうかを測るための「刺激追及度尺度」というテストを受けてもらうと、楽観的な人ほど「刺激追及度」が高いことが明らかになりました。

刺激追及度とは、簡単に言うと「感覚的な快楽や興奮を欲する度合い」です。

この刺激追及度が高い人ほど、強烈で激しい快楽を求める傾向にありますし、危険を冒すことをためらいません。遊園地でジェットコースターなどの絶叫系のアトラクションが大好きだったり、スカイダイビングなどの危険を伴うスポーツが好きである傾向にあります。

また、刺激追及度が低い人は反対に、静かでゆっくりとした体験を好みます。遊園地でアトラクションで遊ぶよりも、静かで優雅なディナーなどを好む傾向にあります。

当然ながら個人個人の刺激追及度は異なり、刺激追及度が高い人もいれば、低い人もいます。そして、大体の人は中間に位置しています。最も高い人は全体の10パーセント、最も低い人は全体の20パーセントだと言われています。また、男性は女性と比較すると、刺激追及度が少し高いことが分かっています。

 

刺激追及度を測るためのテスト「刺激追及度尺度」

刺激追及度を測るためのテストは、刺激追及度尺度と呼ばれ、英語名は「The Brief Sensation Seeking Scale」です。

以下の質問に1~5の数字で答えていきます。

「刺激追及度尺度:The Brief Sensation Seeking Scale」

全く当てはまらない 1-2-3-4-5 非常によく当てはまる

質問項目

1.見知らぬ場所を探検するのが好きだ

2.家にずっといると、落ち着かない気持ちになってくる

3.ドキッとするようなことをすることが好きだ

4.にぎやかな集まりが好きだ

5.行き先も日程も決めずに旅に出ることが好きだ

6.思いもよらぬことをしてくれる、わくわくさせてくれる友人が好きだ

7.バンジージャンプをしてみたい

8.たとえ違法でも、新しくて刺激的な体験をしてみたい

採点方法

質問の答えの数字を単純に合計して、8で割って平均値をだすだけ

いかがでしたか?

5に近いほど刺激追及度が高く、1に近いほど刺激追及度が低いです。

ちなみに私は1.8でした。(低い…低すぎる…!)

参考までに、思春期の男性の平均値は3.1で、同年代の女性の平均値は2.98です。
また、年齢が高くなるほど値は小さくなっていきます。

そして先ほども述べましたが、楽観的な人ほど、この刺激追及度が高いことが分かっています。

刺激を求めるからこそ楽観的になるのか、それとも楽観的だからこそリスクが多い刺激的な行動をとるのかは、はっきりとはわかりませんが、個人個人日々の行動が、その人の楽観性と関係していることは明らかです。

 

浮気を見抜くために刺激追及度は使える?

個人的には、この刺激追及度を測るテストを「浮気の確率や頻度を見分ける」ために使うことができないかな~と思っています。

まあ、自己申告のレベルで「男性は50%、女性は40%が浮気をした」と回答することが分かっており、男性と女性どちらも絶対に一回は浮気をすると考えたほうが良いので、その人が浮気をしやすいかどうかわかったところで、浮気を防ぐことにはつながりません。

しかし、男性も女性も絶対に1回は浮気をする生き物だとわかったうえで、できるだけ浮気の回数が少なくなるようなパートナーを選ぶことは大事です。妊娠とかいろいろな面でややこしくならないようにパートナー選びは大事なのです…(特に男性は…)

しかも近年の遺伝子の研究で、男性が浮気をするかどうかは遺伝子レベルで決まっていると言われているので、浮気をたくさんする人は絶対に世の中に一定数います。

浮気をしやすい傾向にある人を見抜くコツは、「その人に浪費癖があるかどうか」で大抵の場合判断できると言われています。

また、BIg5という科学的に最も根拠がある性格テストで、「誠実性」という値が低い人にも要注意です。

そして男性が「最近忙しいから…」と会ってくれなくなった場合も要注意です。男性は基本的に忙しいほど、身の危険を感じるほど生存本能が高まり、性欲が高まる傾向にあるからです。「忙しくて最近夜もあってくれない」男性は、別のところで女性とイチャイチャしていることをまず疑いましょう。

ちなみに男性は空腹なほど性欲が高まりますが、女性は空腹だと性欲なんてなくなります。女性は睡眠欲が最も大事で、次に食欲で、最後に性欲です。

寝不足と空腹の女性にアプローチする行為は、紳士として恥じるべき行為だと思ってください。男性はいつでもどこでも、どんな状況でも求められたら頑張る生き物ですが、女性は欲求の順番が根本的に異なるのです。

と、気が付いたら脱線してしまったので閑話休題、話を戻します。

基本的に浮気をしてしまう男性や女性はリスクを好む傾向にあります。

ので、試しに付き合っている人と一緒にこの刺激追及度を測るテストを受けてみてはいかがでしょうか。

パートナーが刺激を強く求める傾向にあった場合は、あなたにすぐに飽きてしまう体質なのかもしれません。「毎回同じデートをしていて、気づいたらデートしてくれなくなった…」なんて事態を避けるために、デートプランとして新しい場所に行ったり、新しい体験をするようにしましょう。

2人で同じ体験を共有することで、二人の仲はどんどん縮まりますし、刺激を求める人ならあなたのことにメロメロになるはずです。

性行為の最中に積極的にコスプレをしてみたり、少しマニアックな趣味を取り入れてみたりして、新しい刺激を体験することも良いかもしれません。

また、刺激追及度が低かった場合は、基本的にはゆっくりとした二人の時間を好む傾向にあるので、「映画に行った後に二人でゆっくりランチ」などのデートプランは最高かもしれませんね。

でも、漫然とした関係は飽きにつながってしまうので、デートの数回に一回は新しい体験を積むようにしましょう。新しい場所に行ったり、新しい行為をしてみたりと、パートナーを飽きさせない工夫は重要です。

何だか恋愛アドバイスみたいになってしまいましたね。

ではでは。

パートナーの心をつかむための最大の方法は「飽きさせないこと」です。

 

参考文献


脳科学は人格を変えられるか? (文春文庫)

お問い合わせ

質問・相談・感想など何でも募集中!

お気軽にご相談ください。

SNSでシェア!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

人気記事一覧

-心理学, 人間関係のコツ

Copyright© 本名真言の医学ノート , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.