SNSでシェア!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

努力の仕方

独創性を発揮するときの思考スタイルの違い~概念主義と実験主義~

投稿日:2018年7月12日 更新日:

こんにちは、しゅゆです。

私は人生において創造性に富んだ期間は20代までだと考えています。

稀代の天才アルベルト・アインシュタインは、相対性理論の論文を発表した後に、「30歳になるまでに科学に偉大な貢献をしていない人は、以後も決してそれを成しえることはない」と述べています。

一般的には発明家は時間の経過とともにオリジナリティ・創造性を失ってしまうと考えられています。

しかし、世の中には若き天才もいますが、遅咲きの大器晩成を果たす人物がいることも確かです。

医学の分野では、ノーベル賞受賞者であるジェームズ・ワトソンが、DNAの二重らせん構造の解明に貢献したときは25歳でした。しかし、ロジャー・スベリーは49歳で大脳左半球と大脳右半球の機能の違いを解明しました。

実は若き天才となるか、遅咲きの大器晩成型となるかは個人の思考スタイルの違いによるものだと考えられています。

今回は独創性を発揮するタイプの違いについての話です。

 

概念的イノベーションと実験的イノベーション

ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代のなかでデイビッド・ガレンソンという経済学者が、創造性がピークとなる時期とその持続時間は、個人の思考スタイルによることを明らかにしたことが書かれています。

「概念的イノベーション」「実験的イノベーション」という2タイプの思考スタイルがあり、どちらのタイプを用いるかによって創造性を発揮する時期や期間が異なるのです。

 

概念的イノベーション

概念的イノベーションを用いるタイプ(概念的イノベータ―)は、大胆なアイデアを思い描いて行動に移すというタイプです。大胆なアイデアを思いつくためには、何年もの調査や研究の必要ないため、人生の早いうちに大発見をすることがあります。

また、ずば抜けて革新的なアイデアは、新しい視点で問題に対処したときにもっとも発見されやすいため、比較的若くて新しいアイデアを持つことができる時期、つまり若いときに革新的な発見を行うのです。

しかし、歳をとると経験によってその革新的な思考が邪魔されるため、概念的イノベータ―は若い時にしかその独創性を発揮できません。

デイビッド・ガレンソンは概念的イノベータ―が若い時にしか独創性を発揮できないことについて以下のように述べています。

概念的イノベータ―が年齢を重ね、若いころのような目覚ましい業績を達成できないのは、蓄積された経験が影響を与えてしまうからだ。概念的イノベータ―の真の敵は、経験によって考え方が定着してしまうことにある。

アインシュタインは典型的な概念的イノベータ―だったと考えられます。相対性理論の考えが染みついてしまっていたので、なかなか「光量子説」という相対性理論から離れて考えなければならない概念を思いつくことができなかったのです。

 

実験的イノベーション

では実験的イノベーションを用いるタイプ(実験的イノベーター)はどうでしょうか?

実験的イノベーターは試行錯誤を繰り返して問題解決を行いながら学び、成長していくタイプです。実験と行動を繰り返していくなかで、問題の解決策をさがしていくのです。

実験的イノベーターは必要なスキルと知識の習得に何年もかかってしまいますが、概念的イノベータ―よりもオリジナリティを発揮する期間は長い傾向にあります。

概念的イノベータ―が過去の独創的なアイデアに捕らわれてしまうのに対して、実験的イノベーターは実験によって常に新しいアイデアを見つけることができるため、オリジナリティを長く発揮することができます。

実験的イノベーターの例としては、レオナルド・ダヴィンチが挙げられます。

彼が「最後の晩餐」を書き終えた時は46歳になっており、「モナ・リザ」を書き終えたときは50代前半でした。レオナルド・ダヴィンチの作品制作は実験の連続で、当初考えていたものと大きく異なっても自分が考える最高の作品を追い求める人物でした。「最後の晩餐」の作成期間は約4年、「モナ・リザ」の作成には約15年だったと言われています。

 

概念的イノベータ―でも、実験的イノベーターでも、どちらの思考法を用いても革新的な独創性を発揮することに違いはありませんが、私は常に行動と実験を続ける実験的イノベーターでありたいと思っています。

 

お問い合わせ

質問・相談・感想など何でも募集中!

お気軽にご相談ください。

SNSでシェア!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

人気記事一覧

-努力の仕方

Copyright© 本名真言の医学ノート , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.