SNSでシェア!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

メンタルヘルス

本当の意味での幸福はたった3つの要素で実現できる

投稿日:

「幸福になりたいですか?」と聞かれれば、誰もが「なりたい」と答えるでしょう。

私たちの多くが幸福になるために日々を生きていますが、幸福とはなんでしょうか?

幸福とは大雑把に言ってしまえば「私たちがいま・ここで感じる気持ち」です。愛する誰かが楽しそうにしている時に感じる喜びであり、自分の人生を振り返ったときに感じる人生への満足感です。

そして私たちが幸福になるためには、幸福を増やしてくれるような要素を満たさなくてはなりません。

しかし、何が私たちの幸福を増やしてくれるのでしょうか?

高い収入を得ることができる仕事、高級車、良い家などは、私たちの幸福に一時的には貢献しますが、幸福の継続には貢献しません。

最近の科学的な研究では、人が本当の意味で幸福になれるのはたった3つの要素が満たされた時だけであることが分かっています。

今回は本当の意味で幸せになるための3つの要素を紹介していきます。

 

幸せになるための3つの要素

ポジティブ心理学を設立し、「どうすれば人は幸福になることができるのか?」を長年にわたって研究してきたマーティン・セリグマンによると、人が幸福になることができるのは以下に述べる3つの要素が合わさったときだけだそうです。(1)

1.ポジティブな感情や笑いを多く経験すること

2.生きることに積極的に取り組むこと

3.今日、明日ではなくもっと長期的な視野で人生に取り組むこと

それぞれの要素について詳しく解説していきます。

1.ポジティブな感情や笑いを多く経験すること

他人をバカにするような笑いではなく、誰かの成功や自分の成功を心から祝福できる笑いをするようにしてください。

そして新しい体験をしたり、挑戦をしたりすることによって、自分を高めてくれるポジティブな感情を日々感じるようにしましょう。

 

2.生きることに積極的に取り組むこと

「生きることに積極的に取り組む」とは、自分がしていることに積極的にかかわることです。

趣味でも仕事でも家事でも、自分がいま取り組んでいることを良くしようと工夫して、積極的に関わることが、私たちに幸福感を与えてくれるのです。

 

3.今日、明日ではなくもっと長期的な視野で人生に取り組むこと

長期的な視野を持っているかどうか、10年、20年、人生の終わりまで考えて生活をしているかどうかが私たちの幸福にとって重要です。

今日しなければならないことや明日の予定を立てているうちに、私たちは長期的な視野を持てなくなってしまいます。

忙しいときこそ、「自分は人生で何を成し遂げたいのか」「自分にとって人生とは何なのか」を再確認して、長期的な目標意識をもって生活を送るようにしましょう。

 

参考

(1)世界でひとつだけの幸せ―ポジティブ心理学が教えてくれる満ち足りた人生

 

お問い合わせ

質問・相談・感想など何でも募集中!

お気軽にご相談ください。

SNSでシェア!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

人気記事一覧

-メンタルヘルス

Copyright© 本名真言の医学ノート , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.