SNSでシェア!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

努力の仕方 モチベーション管理

失敗を許す自分になるためには~失敗許容力の身につけ方~

投稿日:2018年6月5日 更新日:

こんにちは、しゅゆです。

 

今回は「失敗を許す自分になるためには~失敗許容力の身につけ方~」という題で書いていきます。

 

皆さんは自分の失敗を許すことができますか?

 

自分の失敗を許すことができれば、常にチャレンジをしたり工夫をすることができるため、

チャンスをつかみ損ねることはないですし、常に成長することができるようになります。

 

しかし、自分の失敗をなかなか許せないという人もいるのではないでしょうか?

 

今回は「失敗を許せる自分になる方法」を紹介していきます。

 

失敗を許すためには、まず失敗に対する価値観を変えることが重要です。

 

1.「失敗は大したことがない」と思うこと

失敗に対する価値観を変えるために、「失敗は大したことがない」と思うことから始めましょう。

 

何かに挑戦するときは「成功したら奇跡、失敗したらリアリティ」だと考えて、

「失敗したら失敗の中に利用できるものを探すことをしてください。

 

実際にノーベル賞を取るような研究者は「失敗の中に利用できるものを探す」ことを行っています。

普通の研究者なら失敗したら捨ててしまうよなデータを徹底的に分析するのです。

「どうせ失敗なんだから、もう少し実験するほうが良いだろう」と考えて分析と実験を行うのです。

 

失敗が大したことはないと思うためにも、

Expressive Writingを用いて感情を整理したり、

人に悩みを話すことによって自分の失敗を正確に把握するようにしてください。

 

「自分は何を失敗したのか?」を理解するだけでも、失敗の全体像が見えてきて、

失敗を大したことがないように思うことができます。

 

私たちは、失敗を必要以上に大きくとらえてしまう傾向にあるからです。

 

2.成長思考を身につける方法

「失敗を大したことがないと思う」具体的な方法として、「成長思考」を身につけることも有効です。

成長思考とはその名前の通り「常に努力して成長しようと考える思考」のことです。

 

実は成長思考を身につける簡単な方法があります。

 

それはYet(まだ)と思うこと」です。

 

「まだ自分の努力が足りないだけ」

「まだ積み重ねを行っていないだけ」

 

など「Yet=まだ」と思うだけでも成長思考を身につけることができます。

 

そうすることによって、失敗をしたとしても常に成長を続けることができるのです。

 

3.楽観的な思考を身につける

「失敗を大したことがないと思う」、「成長思考」を身につけること以外にも

「楽観的な思考を身につける」ことが重要です。

 

楽観的な思考を身につけるために、楽観的な人が持つ特徴を三つ知っておきましょう。

 

「楽観的な人が持つ特徴3つ」

 

1.成功の原因は内的なものであると考え、失敗の原因は複雑な事象、もしくは外的な要因によるものだと考える

成功の原因は内的なもの、つまり自分の努力であると考え、

失敗の原因は自分以外の外的な要因であると考えるのです。

そうすることで自分の努力を正しく評価し、さらに努力しようと思うことができます。

 

2.良い出来事は持続的に起こり、悪い子出来事は一時的なものだと考える

良い出来事は続いていくと考え、悪い出来事は続かないと考えるのです。

 

3.成功は他の分野に波及し、失敗は限定的なものだと考える

成功を拡大解釈して、ほかの分野でも成功できると考え、失敗は限定解釈しているのです。

 

このように楽観的な人は、成功を拡大解釈し、失敗を限定解釈する」傾向があります。

 

皆さんも「成功を拡大解釈し、失敗を限定解釈する」ことによって失敗を許せる自分になってください。

 

失敗を大したことがないと思うことができれば勝ちです。

 

質問・相談などあればお気軽に

 

4.参考

メンタリストDaigoオフィシャルブログ

 

お問い合わせ

質問・相談・感想など何でも募集中!

お気軽にご相談ください。

SNSでシェア!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

人気記事一覧

-努力の仕方, モチベーション管理

Copyright© 本名真言の医学ノート , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.