SNSでシェア!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

心理学 人間関係のコツ

相手の顔でその人が信用できるかどうかを判断する方法

投稿日:

私たちは日々多くの人を信用したり、はたまた信用しないことで生活を送っています。

「行動に一貫性がある」など、信頼できる人は一緒にいて安心できるため、人は信頼感のある人を基本的には好みます。そして、行動に一貫性がないなど、裏切ったりする確率が高いような人は基本的には他人から好かれない傾向にあります。

ちなみに私は自身の価値観に沿った行動を常にとっているつもりで、行動に一貫性があると自分では思っています。ですがその価値観が「創造性の発揮」であるため、周囲から見たら私は一貫性のない人間だと判断されます。(結果大学ではボッチになりました。)

まあとにかく、その人が信用できるか、信用できないかを判断することは私たちの日々の生活においても、自身の身を守って生存するためにも重要です。

その人が信用できるかどうかは基本的には「行動に一貫性があるかどうか」を見ることが一番手っ取り早いです。行動に一貫性がある人ほど自制心と自己コントロール能力も高いですし、基本的には信頼できる人です。(「人を裏切る」という行動の一貫性を持っている人は別ですが…)

また、「ビッグ5」という科学的に最も信頼されている性格診断の値で、「誠実性(真面目さ)」が高い人も信頼してよいと思います。ビッグ5は簡単にネットで受けることができるので(1)、遊びついでに気になる人と一緒にビッグ5を受けてみるのも良いかもしれませんね。

さて、それ以外にも「その人の顔を見て信用できるかどうかを判断する」というテクニックがあるので、それを今回は紹介しておきます。

私たちには無意識のうちに相手の顔を見てその人が信頼できるかどうかを判断しています。その無意識の行動を意識的に行うことによって、信頼できるかどうかを判断できるのです。

 

信頼できる顔の特徴と、信頼できない顔の特徴

ブリストン大学のアレクサンダー・トドルフは「この人は信頼に足る人物かどうか」を判断するための外見的な特徴を割り出しました。

「信用できる」と評価をされる顔の特徴は、口角の上がった口元や大きく開かれた目、はっきりとした頬骨などです。

そして「信用できない」と判断される顔の特徴は、下がり気味の口角や眉尻の上がった眉毛、平たくなったり、落ち込んでいる頬骨です。

くわしくは以下の図を見てもらえれば分かると思います。

出典:https://www.gettyimages.co.uk/detail/news-photo/evaluating-face-trustworthiness-news-photo/134260600#evaluating-face-trustworthiness-picture-id134260600

「信用できる顔」の特徴

・眉尻が下がっていて、眉根の方が高い
・はっきりとした頬骨
・鼻梁の下が浅い
・細いアゴ

「信用できない顔」の特徴

・眉根が下がっている
・平たい頬骨
・鼻梁の下が深い
・幅広なアゴ

私たちはこのような顔の外見的な要素を見ることによって、その人が信用できるか、それとも信用できないかを無意識のうちに判断しているのです。

逆にこれらの要素を意識的に見ると、その人が信用できるかどうかを判断することができます。

その理由は、この信用できるかできないかの判断は私たちが無意識のうちに行ってきたことで、人類の誕生以来の、生存によって獲得された能力だからです。

無意識のうちにこれらの要素を見ることでその人が信頼できるか判断できるということは、それらの要素は人類が進化の段階で獲得してきた信頼性に足る要素だということです。

 

この信用できるかどうかの無意識の判断をつかさどっているのは「偏桃体」という恐怖や不安の感情をコントロールする脳の一部分です。

偏桃体は脳の左右に一つづつ、合計二つあります。実際にこの偏桃体を2つとも損傷した人は、親しい人の顔の認識をすることができ、ほとんどの感情の認識を行うことができるのですが、他人の顔に浮かんだ恐怖を認識したり、相手が信用できるかどうかを判断することができなくなります。

偏桃体は恐怖や不安を生み出す部位です。私たちが信頼に足らない人の顔の要素を見たときに、偏桃体は恐怖感や不安感を生み出して、その人と付き合わないことを推奨してくるのです。

 

人は基本的に自分と同じような人と付き合いますし、共通点を持っている人を好きになります。そして、普段付き合っている人とだんだんと似てきます。

だからこそ「類は友を呼ぶ」のことわざに代表されるように、同じような人は同じような人のところに群がり、長く付き合っている人と同じようになっていくのです。面白いことに普段付き合っている人によって、私たちの顔つきまで変わってきます。

 

つまり、信頼できて行動に一貫性のいる人の周囲には、信頼できる人が集まっています。そしてみんな似たような顔の要素を持っています。

逆に信頼できない人の周囲には、同じく信頼できない人が集まってきます。そして同じような顔の要素を持っています。

 

これらの顔の要素をきちんと把握することによって、自分のためになってくれるような人とのみ付き合うことができるようになるのです。

 

「私たちの性格と顔は普段付き合っている人によって変わってくる」

このことを意識して生活を送ってみてください。

 

参考文献


脳科学は人格を変えられるか? (文春文庫)

 

お問い合わせ

質問・相談・感想など何でも募集中!

お気軽にご相談ください。

SNSでシェア!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

人気記事一覧

-心理学, 人間関係のコツ

Copyright© 本名真言の医学ノート , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.