SNSでシェア!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

メンタルヘルス モチベーション管理

嫉妬やねたみを行動する力に変える方法

投稿日:2018年7月2日 更新日:

こんにちは、しゅゆです。

今回は嫉妬を前に進む力に変える方法について説明していきます。

皆さんも人生を生きていく中で、必ず嫉妬をすることがあると思います。

「あんなものを持っているなんてうらやましい…」など他人をうらやましく思うことがあるはずです。

私も将来は猫を飼いたいと思っているので、猫を飼っている人や猫に好かれる人を見ると、「猫飼いたいな、いいな、」とうらやましくて嫉妬してしまうことがあります。

しかし、嫉妬は悪い感情ではありません。むしろ私たちに行動する力を与えてくれるポジティブな感情なのです。

今回は嫉妬というものを理解して、行動するための力に変えるための方法を話していきます。

私たちが嫉妬を感じたときに取る行動は2つしかありません。「自分の欲求を認めて、行動する力に変える」か、「嫉妬の対象をけなして、自分の欲求を一時的に打ち消す」かどちらかです。

あなたはどちらの行動をとりますか?

 

嫉妬は外側ではなく、内側に向いた感情

私たちが嫉妬の力を活用するためには、嫉妬というものに対する誤解をとく必要があります。

まず、嫉妬は外側=他人向けた感情ではなく、内側=自分自身に向けた感情なのです。

嫉妬は他人に向けた感情だと思いがちですが、実は自分自身に向けた感情なのです。

 

なぜなら「嫉妬する対象はいま自分が最も欲しいもの」だからです。

興味が無くて、たいして欲しくないものに対して嫉妬なんかしませんよね。

つまり嫉妬は自分が最も欲しいものを明確化してくれるのです。

 

嫉妬が他人に向けた感情だと思ってしまうのは、多くの人が嫉妬を感じたときに「嫉妬の対象をけなして、自分の欲求を一時的に打ち消す」ことをしてしまうからです。

嫉妬する対象はいま自分が最も欲しいものです。最も欲しいからこそ、他人をけなして最も欲しいものは大したものではない、と思いたいのです。

 

例えばあなたの友人が美男・美女と付き合い始めたとします。そんな時にあなたは美男・美女と付き合っている友人に対して「うらやましい…」と嫉妬をしてしまいました。美男・美女と付き合っている友人に対して嫉妬をするということは、あなたがいま最も欲しいものはイケメン、もしくは可愛い彼氏・彼女だということになるのですが、そのことを認めようとせずに「あいつは性格があんまり良くないからすぐに別れるだろう」と友人のことをけなしてしまいます。友人のことをけなすことで、「美男・美女の彼氏・彼女なんて大したことがない」と一時的にでも思いたいのです。

と、このように私たちが嫉妬を感じたときに、「嫉妬する対象は大したものではない」と思って、一時的に自分が抱えている欲求を否定することがあります。

 

しかし、他人をけなして自分の欲求を否定することは嫉妬を感じたときに取るべき行動ではありません

私たちが嫉妬を感じたときに取るべき行動は「自分の欲求を素直に認めて、その欲求を満たすために行動する」ことです。

あなたがもしイケメン、もしくは可愛い彼氏・彼女がいる友人に嫉妬してしまったのならば、自分が最も欲しいものはイケメン、もしくは可愛い彼氏・彼女なのだと認めて、魅力的な人間になるために自分を磨くことに専念したり、コミュニケーションの方法を勉強したりと努力するべきなのです。

 

このように「嫉妬は外側ではなく、内側に向いた感情であり、嫉妬はいま自分が最も欲しいものを明確化してくれる」という認識をするだけでも、私たちは嫉妬を行動する力に変えることができます。

 

嫉妬を上手く活用するための方法

ここまでの内容で、「嫉妬はいま自分が最も欲しいものを明確化してくれる」ということが分かりました。

つまり、嫉妬は私たちの最大の行動目標になるのです。

これが嫉妬が決して悪い感情ではない理由です。

嫉妬する対象を行動目標として、その目標のために努力をすることができるからこそ、嫉妬は私たちにモチベーションを与えてくれる良い感情となるのです。

あなたがもしお金持ちに嫉妬しているのであれば、「自分が欲しいものはやっぱりお金なんだ!絶対にお金持ちになってやる!」と嫉妬をモチベーションに変えて行動することができるのです。

 

しかし、嫉妬を上手く活用するためのには嫉妬する対象を行動目標とするだけでは不十分です。

私たちはまず、嫉妬をする対象を明確化する必要があります。

お金持ちに嫉妬しているのであれば、「お金持ちのどこに嫉妬しているのか」を考える必要があるのです。お金に困らない生活に嫉妬しているのか、お金があることで自由な時間が多く取れることに嫉妬しているのか、高級な腕時計やブランド品に嫉妬しているのか、お金があることで家族や大事な人との時間があることに嫉妬しているのか、など嫉妬する対象を明確化する必要があります。

漠然と「お金持ちに嫉妬するからお金持ちになろう!」では自分が最も欲しいものが分かりませんし、嫉妬する対象を明確化した結果として、お金以外のものを最も欲しいと思っていることが分かれば、それを行動目標にすればよいのです。

嫉妬する対象を明確化するためには、嫉妬やねたみの感情を誰かに打ち明けて整理する、もしくは紙に書いて詳しく分析することをすればよいので試してみてください。

 

以上です。この記事の内容を使ってぜひ嫉妬の感情を行動する力に変えてください。

 

参考

メンタリストDaigoオフィシャルブログ

お問い合わせ

質問・相談・感想など何でも募集中!

お気軽にご相談ください。

SNSでシェア!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

人気記事一覧

-メンタルヘルス, モチベーション管理

Copyright© 本名真言の医学ノート , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.