SNSでシェア!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

心理学 人間関係のコツ

他人に好かれるための方法の一つはアドバイスを求めること~「アドバイス・シーキング」の力~

投稿日:

今回は「アドバイスを求めることで、相手から好かれる」という事実について話していこうと思います。(1)

近年の研究によって、アドバイスをするという行為は、自分に権威がない場合に人に影響を与えるための最も効果的な方法だということが分かっています。

今回は「他人にアドバイスを求める(アドバイス・シーキング)」が与える力についてです。

 

「アドバイスを求める」ことで納得のいく取引になる

研究者のケイティ・リルジェンクィストは、被験者を買い手と売り手に分けて、不動産の販売を想定して交渉させることをしました。

売り手が買い手に最高可能価格で売ることを目標として接したところ、約8%しか合意に達しませんでした。

しかし、売り手が買い手に「価格の折り合いをつけるためにはどうすればよいか?」というアドバイスをした場合、約24%が合意に達したそうです。

アドバイスを求めることによって、情報の共有が行われた結果、双方が納得するような取引になったのです。

 

ケイティ・リルジェンクィストは、人にアドバイスを求めることには以下の4つのメリットがあるということを述べています。

1.情報の獲得

2.自分の身になってもらえること

3.相手との関わり合いが強められる

4.ゴマすり

この4つのメリットによって、交渉や取引を上手く進ることができるようになります。

そして、相手との関わり合いを強めることができるので、普段の人間関係も強化されていくのです。

 

アドバイスを求めることで、影響を与えることができる理由

行動経済学者かつ心理学者のアダム・グラントは、アドバイスを求めることが与える影響について、以下のように述べています。

製造業であれ、金融業であれ、保険業であれ、製薬業であれ、『アドバイスを求める』という行為は、同僚、部下、上司に影響を与える最も効果的な方法の一つである

 

アドバイスを求めるという行為は、コミュニケーションの一種です。そして、「自分には分からないことがあるので、教えて欲しい」という相手に自分の弱みを見せる行為でもあります。

 

この相手に弱みを見せるという行為こそが、コミュニケーションにおいては重要になってきます。

まず、相手に弱みを見せることで「相手の方が上だ」というアピールをすることができます。相手は有能感に浸ることができますし、躊躇することなく意見を言うことができるようになります。

また、自分から積極的に弱みを明らかにすることができる人は、「自分に正直であり、他人にも正直なのだろう」と周囲から思われるのです。結果として信頼感や好感を持ちやすくなるのです。(2)

 

また、アダム・グラントは以下のようにも語っています。

また、人は自分の時間、エネルギー、知識や情報を投資して誰かを助けると、相手がそれに値する人だと必死に信じようとする

相手から助けられることで、相手からの評価が勝手に上昇するのです。

「フランクリン効果」(3)という頼みごとをされると好きになってしまうという効果が働く理由も、ここにあります。

また、人は投資したものに価値を感じるという「サンクコストバイアス」(4)も関わっています。

 

「アドバイスを求めることで、相手から好かれて有利な立場に立てる」

以上です。このアドバイスを求める行為は社会的な力がない人に特に有効だと考えられているので、ぜひ試してみてください。

 

参考文献

(1)


GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本)

(2)信頼を得て有能に見られるためには「弱み」をさらけ出せばいい

(3)好きな子に振り向いてもらうためには頼みごとをすればよい

(4)サンクコストバイアスとは?意思決定をゆがませる価値観

 

お問い合わせ

質問・相談・感想など何でも募集中!

お気軽にご相談ください。

SNSでシェア!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

人気記事一覧

-心理学, 人間関係のコツ

Copyright© 本名真言の医学ノート , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.